恋はいばら道・倉庫

数々の失恋経験・失敗談から学んだ恋愛部長がお届けする、捨て身のぶっちゃけ恋愛日記。
(こちらは現在更新してません。アーカイブになります)
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 会えないなら連絡しない、の謎 | main | 忘れられない男 >>

男が好きな女

JUGEMテーマ:恋愛/結婚


たまったま、今週うちの彼氏としゃべっていて、
「男はこーゆー子が好きなんだよ!!!」と言われて、
「えーーーーーなんで!!!!むっちゃかわいくないじゃんか!!!」と言い争いになった女性の話。

誰か。

すみません、我々、NHK「篤姫」の大ファンで、
毎週欠かかさず見てるんですが、
そこに最近出てくる、
琴花。
小松帯刀の京都妻、すなわち妾の女でございます。

何で????!!!!!
結構はっちゃけてて、気ままで、ゴーインで、
まじめ一徹なのが好みラブだった
帯刀が!!!!!!
めろめろになってタダでさえむかつくのに!!!

で、いったんは「何でこんな女がいいわけ?!」といきり立った私ですが、(;´Д`)

次の瞬間はた!と
ここに男子の好きな女性のパターン見たり!と思い、
あわてて録画を見直した次第です。

で、改めて思うんだけど、

男って、
無邪気で自信満々な、でも自分が愛されてることを疑いもしない女、ってのが好きなんだな〜って。

いくら従順で美人でできた妻がいても。
自由気ままで、自信に満ちてて、でも自分を無邪気に愛してくれる、
そういう女の子に惹かれるわけね。

そう思いました。

そして、それに対して、
いくら文句を言ってもしょうがなくて。

彼らが好きになって、
追いかけて、追い求めて、
何が何でもそばにいて欲しがる、
そういう女にこそならないとなぁ、と。
ちょっぴり反省。

だってさ、
従順で、やさしくて、彼だけを愛している女、
なんて、なるの簡単じゃん。
だれにでもなれるじゃん。

何が難しいって、
相手を翻弄するくらいの魅力があって、
そして自信があって、無邪気に振舞える女になることですよ。
(;´Д`)

そういう女が怖いから、我々はつい、
「何あの女!!!図図しいし、どこがいいの?!」とか悪口言いたくなるんだけど。
でも、大好きな彼がそういう女を問答無用で好きだ!!!って言うんだから、
それを文句言っててもしょうがなくて。
どうしたら彼女らのような要素をもてるのか?
考えたほうがいいなって思ったんですよね。

難しいけどね。

だって、男はそうは言っても、
そういう女は妾としてかわいいって思うわけで、
結局は従順な妻タイプをキープしておきたいものだから。
自分がどっちになりたいかって、ことよね。
ま、女性に生まれたからには一生逃れられない問いではありますが。

とにかく、
男子の好きだと言う気持ちは、
こちらの理屈とは違いますからね。
いくらこっちが正しいと思っても、
肝心の男性の心が動かないなら意味がないと思うの。

正しくても退屈な女にだけはなりたくないなって。(;´Д`)

しばらくこの問題について自分でも取り組みたいと思います。
むずかしいよな〜_| ̄|○


一般論 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

>だって、男はそうは言っても、
>そういう女は妾としてかわいいって思うわけで、
>結局は従順な妻タイプをキープしておきたいものだから。
>自分がどっちになりたいかって、ことよね。

なるほど。男ってタイプの違う女性の間に挟まれるとだと選べないのかもですね。勉強になります。

私は、無邪気に明るく追いかけたくなる女性でありながら、いざという時は守ってあげたいくらい一途で信頼できて彼の2歩下がる女性が理想です。
私よくばりだな 笑
そういうバランスでいたいなって思います。
彼に好きでいさせてあげたい。
飽きられたくないし自立していたいし、なにより精神的に彼を支えてあげたいです。
自分の無理しない範囲で。彼に重荷にならない範囲で。
| 2009/12/08 11:16 AM
初めまして!部長さん。
そういう考え方もあるんだな、と純粋に思いました。

私は、男性に本当に守ってもらわなくても、
「守ってあげたい」と思われる女性でいたいです。
そういうふうに彼をたてて、支えたいです。

あと、男性が、「こういう子が好み」とは言っても、実際に好きになるのはちがうタイプなのは良くある話ですよね?

いずれにせよ、
可愛げを忘れると、本命にはなれないのかな
?なんて最近は思います。

blog更新がんばってください☆読んでます♪
麻 | 2010/11/02 11:27 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://koibara.jugem.jp/trackback/185
この記事に対するトラックバック