恋はいばら道・倉庫

数々の失恋経験・失敗談から学んだ恋愛部長がお届けする、捨て身のぶっちゃけ恋愛日記。
(こちらは現在更新してません。アーカイブになります)
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 想いはどんな形にも変わる | main | カリカリ人になってない? >>

彼氏がうつ病に・・・

 いつも部室で私の代わりにコメントをくださってるクローバーさんからのリクエストなので、
なんとしてでも書かなくては!ということで。
(;´Д`)

私はまったく専門ではないし、
うまく書けるか分からないのですが。
(たぶん私よりもっとよく分かってる方がいっぱいいるはずですが)

うつ病は、いまものすごい数に上るようですね。
うちの会社でも普通にいっぱい、
うつ病と診断され、薬を処方されている人がいます。
何を隠そう私のとても近い友達も、昔はうつ病に苦しんでいました。
仲よしの先輩がうつ病で入院したり、
はたまた別の男性が目の前でぽろぽろと泣きだしたり、
ひどいときは、ある日突然自ら命を断ってしまったこともありました。

うつ病は、その本人だけではなく、
その人を愛する、支える人をも、どん底に引きずりこんでしまうことがあります。
うつ病で離婚した人。
旦那様のうつ病で苦しんで、自らもうつ一歩手前になってしまった人。
そして、自殺を食い止められずに今でも苦しんでいる人たち。

うつ病は、とても深刻な病気ですが、
かといって、
軽度な場合、あまりに周りが過剰反応したばっかりに、
社会的立場を失い、生きがいを失い、それが余計うつの悪化になってしまうこともあると思います。

たとえば、

うつだから、と周り中が気を使い、
仕事を軽くし、というか仕事をすべてなくし、
「ただ好きなことやってていいよ」といわれたうつ病の人は、
かえってそれが、「自分は必要とされていない」というむなしさを生んでしまい、
最悪の結果を招いてしまいました。

社会的な問題でうつ病になっているのに、
同じその社会によって、より修復がきかないほど傷ついてしまう、
そういう可能性もあるのです。

でも私もそうですが、
うつ病の人の気持ちは、とても特殊です。
我々の常識とは違った部分も多いようです。

たとえば、私も昔は、何も知らず、うつ病の友人に、
「がんばれ」とか、「すぐよくなるよ」と言ってしまっていました。_| ̄|○
でも、それはうつ病の人にとってはNGワード。

むしろ彼らを、追いつめ、焦らせる言葉だったのです。

本当は、
「今はちょっと心が風邪ひいてるんだね。」「大丈夫だよ」「そのままでもいいんだから」
と言うのがいいらしいです。

要するに、彼らを追い詰めないように、
そのままの姿で肯定し、
そしてなおかつ彼らを孤立させないこと。

それが大事なのだと思うのです。

それでも、うつ病の人を実際目の当たりにすると、
どんな人でもショックを受けると思います。
あまりに、自分の知っているその人とは違うからです。

その悲しみに、そのショックに、
落ち込んでしまい、
引きずり込まれてしまうひとがいます。
もしくは、うつ病のひとの、「お前のせいだ」というような言葉に影響され、
自分を責めるようになってしまうこともあるようです。

私から言えるのは、

それを一番避けてほしい、と言うことです。

恋愛に関して私が昔からよく言うことがあります。
それは、

「人間ひとりの心を変えることは、誰にもできない。本人以外には」

そして、同じように、男性が救われるためには、
我々は何一つできないのです。
彼が自分で、這い上がるほかは。
それを見守ることしか、我々にはできない。
そして、
彼がもしも自力で這い上がれないのであれば、

それを自分のせいだと思ってはダメです。
なぜなら、
男は、もともと自分の力でしか救われないから。
自分の力でしか立ち上がれないから。

それは、
あなたの、せいではない。

昔、私も、生涯の夢を失い、退路を断たれて落ち込んだ彼を慰めようと、
あれやこれや前向きな言葉を言っては、
彼に拒絶されたことがありました。
そのときの無力感たらなかった。

でも今なら分かるんです。

彼女の助言ごときで、
変わるような男はいない。
男は、自分の力で這い出してこそ、救われるんだと。

女に助けてもらわないとだめだなんて男はいないんだって。

だったら我々はどうすればいいのか。

簡単です。

信じて、心を確かに、待つことです。

彼が自力で這い上がることを、信じるんです。
彼は負けない。
彼はきっと立ち上がる、そう信じることです。

彼は、子供ではありません。
彼は、病人でもけが人でもありません。

だから、過度に過保護になって、あれやこれや世話を焼くことはないのです。
それはへたすれば彼を追い詰めることになるでしょう。
彼のプライドを傷つけたり、
彼が彼自身にいら立つ原因にもなるでしょう。

大事なのは、彼を信じて、彼を見守ることではないかと思うのです。

そこで大事なのは、
彼と一緒に落ちないこと。
彼と一緒に自分までうつっぽくなったり、笑わなくなったりする女性は多いと思います。
彼にびくびくしたり、腫れものに触るようにすることもあるでしょう。

でも、そういう態度が余計、彼を深みに誘ってしまうかもしれません。

うつ病の彼氏を持ってる方に言いたいのは、

どうか自分と彼氏を別の人間として切り離して考えてください、ということです。

彼がうつ病なのは、あなたのせいではありません。
そして、彼がうつ病から抜け出せないのも、あなたのせいではない。
そして、
逆に、

あなたが不幸なのは、彼がうつ病だからではない。

あなたは心のどこかで、
「彼氏がうつ病になってしまった私は不幸だ」と思ってませんか?
もしちらりとでもそう思っているなら、彼とはお別れしたほうがいいと思います。
なぜなら、

彼にはそんな他人の不幸まで背負う余裕はないからです。

彼は、今自分と戦うことで精いっぱいです。
彼は、もともとの彼とは別人です。
あなたにやさしくしてくれた、
あなたを愛していた彼ではありません。

そんな彼に、
いま自分のことを考えてほしいと思うのは、
酷なこと。
だったら、いっそ離れたほうがいいと思うのです。

男性は、時に、好きな人に、
弱った自分を見せたくないという衝動に駆られます。
長くつきあって信頼関係があれば、
素の自分をみせるでしょうが、
若い時分は無理だと思います。

好きならば好きなほど、
弱った自分は見せたくない、
それが男子です。

だとすれば、
うつ病と戦い、
ふがいない自分にいらだったりするかもしれない彼は、
彼女とは逢いたくないはずです。

女性はつねに、大いなる母性愛で彼氏を包もうとします。
彼の世話を焼くことで
自分の愛情の証を得ようとします。

だけどね。

ときにその愛情は、
彼を追い詰め、彼を苦しめることにもなりかねない。

たとえばうつ病の場合。

自分で手いっぱいな状況で、
何もやる気が起こらない、何を見てもネガになってしまう状態で、
彼女にまで手は回りません。

うつ病は、一般に、潔癖症で責任感が強く、完ぺき主義の人がなりやすいと言います。
だとすれば、余計、
彼女のかなしげな顔をみるたびに彼は自分をせめてしまうかもしれないです。

ではどうすればいいのか。

正直、うつ病は、治るかどうか、
それがいつくるかどうかは、ケースバイケース。
仕事を変えたことで治った人もいるし、
自力で克服した人もいます。
離婚することで克服した人もいます。

そればっかりは分かりません。

でも、彼を支えようと思うなら、
まずは自分が彼のうつに引き込まれないこと。
彼のうつと自分は関係ない、と思うこと。
きっちり線を引いて、自分だけは気丈でいることです。
難しいとは思いますが、
自分だけは、絶対的な幸福感の中にいてください。
彼がいつでも、戻って来たくなるような。
自分だけで完結している幸福感です。

彼を頼らないでください。
彼の不幸に呼びこまれ、
彼の不幸を補完することに自分の存在意義を見出さないでください。

それは、大変迷惑な、
依存心です。

そうではなく、
自分は自分だけで、幸福でいること。
うつに引き込まれない、ぶれのない、
しっかりとした自分であること。
それこそが、
彼を見守る絶対条件だと思います。

その自信がないのなら、
彼からは離れたほうがいいのではないでしょうか。
彼を見て、あれやこれや不安になって、
周りをうろうろし、悲しんだり重苦しい顔を見せるくらいなら、
いっそそばにいないほうがいいと思う。

なぜなら、
彼は、そんなあなたを見て、
余計責任を感じ、追いつめられてしまうから。


私が昔言われたことですが、
「もしもうつ病の人がいて、自殺の恐れがありそうなら、
その人にはこう言いなさい。
『もしも死のうと思ったら、死ぬ前に私に電話して。』」
なぜなら。
うつ病になる人は責任感が強いので、
約束したことは守らずにはいられないそうです。
だから、死ぬ前に本当に電話をかけなくては!と思ってかけてくるそうです。
そして、その電話を取れれば、その気持ちを変えさせられる可能性ができる、ということです。

とはいえ、

うつ病の人の目に見える世界は、
私にも分かりません。

どんな地獄が見えているのか、分かりません。

私の目の前で、友達が、
薬を減らすために、苦しんでいる姿や、
抗うつ剤の作用で企画ができなくなって、苦しんでいる人、
まったく別人のうようになってしまった先輩もたくさん見て来ました。

でも、

どんな風に彼らが感じ、
どんな風に苦しんでいるのか、
分からないのです。

でもだからと言って、
分かりたい、分け合わなければならないとは、思いません。

彼らがそのままでも、戻ってきても、
変わらずに、友達でいること、
そのままで受け入れること、
それだけが私の出来ること。

彼、彼女の苦しみは、
彼らのものであって、
私にはわからない。

だからこそ、
戦っている彼らを見守り、
その勇気を心の中で応援しよう、と思います。

変わらないでいること。
自分だけは、変わらずに。

それが正しい方法かは、
私は専門家でないので、分かりません。
もっと身近な人が苦しんで、もっともっと思うところのある人もいるかもしれません。

ただ、

一つ言えることは、
うつであろうとなかろうと。

誰かを自分の力で救おうとは思わないこと。

そんな力は誰にもないんです。

買いかぶってはだめです。

自分を救うのは自分しかいません。
それに気づくのも、自分自身。

冷たいように聞こえるかもしれないけど、
それが真実だと思うのです。

だからこそ、
まずは自分が幸せであることです。
彼がうつ病であろうがなかろうが、
影響されずに幸せでいることです。

そのうえで、彼を愛してあげてください。
彼を、無償の愛で、見守ってあげてください。
何もせず、ただ同じように愛している、信じていればいいのです。
何かを今すぐ変えようと、改善しようとするのは、他人のエゴです。
あなたの都合です。

悪化するかしないかを握っているのは本人です。
何をアドバイスしようと、
職場に電話しようと、
変わることなどありません。
彼とは別の人間。
あなたではない。

思いあがってはいけません。

変えられるのは本人だけ。
そこから這い出すのも、本人だけ。


もしも自分の手に余るなら、
まずはそこから離れて、
自分を立て直すこと。
それは決して卑怯でもなんでもないと思います。

そして、分からなくなったら、
まずは専門家の意見に頼ることをおススメします。

決して、
いっしょに落ちて行かないように。
そんなこと、彼は望んでいませんよ。
こんな男に出会ったら | comments(38) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

部長さん。
いつも恋愛の勉強をさせていただいています。
今回はうつ病の記事をありがとうございました。

カレではないのですが、家族の1人が、うつ病です。親子関係の縺れから、家族も離れて暮らしている私も巻き込まれて落ち込みがちでいます。

家族として、私自身にも責任があったのかも。。もっと気付いてあげれたことがあったかも。。と自己否定して悩んでいました。(そして心はボロボロで(><))

でも、部長さんの記事で、少し気持ちが楽になれました。


何はともあれ、わたしは、わたしで幸せでいなきゃダメだなぁって。

ありがとうございます!
lemon★ | 2010/01/26 2:09 AM
20代なりたて女子です
年上の彼と付き合って約半年、彼が鬱病だと告白してくれてから3ヶ月経ちました。

部長さんが書かれたように、私のせいでは?私にできることは?と考えるうちに、私も落ち込むようになってしまいました。今は精神科に通院しています。(結果的に彼がきっかけになってしまいましたが、元々家庭内でトラブルがありました)

最初の頃、「これは俺の問題だから」と言われ、自分には何もできないのだとひどく塞ぎ込みました。でも今ならその言葉を理解できます。部長さんが言う通り、結局は自分で立ち上がるしかないんですよね。

もし相手がうつじゃなかったら、私はもっと頼れたんじゃないか…もっと楽だったんじゃないか…なんて考える時も正直あります。でもそうなったら、きっと私は相手を振り回し、依存し、傷つけまくっていただろうと思います。

変な話ですが、
彼が鬱で私も精神を病んでいるからこそ、自立心が高まりました。

とは言え、やはり辛いときは友達にメールしまくってます(笑)持つべきものは理解のある友達ですね(・v・)

長くなってすみません。
経験者として、同じように苦しむ方に何か伝えられればと思ってコメントしました。相手は相手、自分は自分と割りきること(難しいですが)。そして友達に頼ること。あとは時間が解決してくれると私は思います。
| 2010/01/26 1:43 PM
私の彼は、うつ病ではありませんが。。。
ストーカーに付きまとわれ、ノイローゼ一歩手前という時がありました。
その時は、私は何が出来るんだろう、彼を支えなきゃと考えて必死でした。
思いあがりですよね。。。

でも、このうつ病の文章と同じように
この時の彼に、私の事を考える余裕はなく、
そして、私の張り詰めた空気は余計耐えきれなかったでしょう。
相談してた人に、心配し過ぎはよくない。
いつも通りに接してあげて。
彼がストーカーと揉めた後は
「さあ、私が聞いてあげようか」ぐらいに
ど〜んと構えてて、と言われて、はっとしました。
それからは、彼の様子がおかしくても
出来るだけ普通に明るくしてました。
私は私でいること。

今は、少し落ち着いてますが、もしまた
同じ状況になっても、変わらずにいようと
思います。




リラ | 2010/01/26 4:26 PM
母が重度の鬱です。

部長さんの 一緒にどん底に引きずり込まれない。

本当にその通りだなと思います。

どん底になって知ったんですが(笑)


でも私は鬱の人間と一緒にいれてよかったです。

素敵な取り合わせに運命を感じます。

nayuta | 2010/01/26 6:01 PM
部長さん、リクエストに答えて頂き、ありがとうございました(^o^)

困っているからの恋愛相談でも、これだけ似たような名前やタイトルや内容は部長さんにお世話になった方が、部長さんに言われた事を伝えるような環境になれば、皆さんの女力や人としての器が広がると私は信じています。


私が自分の相談しかしなければ、今の私はいません。痛みや現実を受け入れるのは辛いし、逃げたり迷ったりでも他人事を通して自分事になると、迷う幅が小さくなります。


部長さんにお願いしたのは、投稿例が極めて少なく状況もあれだけ1人で社会経験ない人が頑張っていたし、部室に個人的にコメントする時間はなくても、話題としていつ誰が同じようになるか解らなくてお願いしました。


私がいるから、次の方が出て来ないのかもしれないし、引退した方が皆さんの成長にはなるかもとか考えていたのですが、私の勘違いでした(爆)


負担や重くならない程度に、時間がある時には参加します(^o^)


女の子が独身で不倫の場合は嫌って程友達で見ましたが、ダブル不倫はせめて本文にコメントする事で終わらせて欲しいです。


ダブル不倫の人のレスが沢山上がるような部室なら、高校生で自分の両親が不倫してたりする子は傷付きます。大人ない言い方をして、心配おかけ致しましたが、部長さんのコメントが真子さんの心に届く事願っています。

ありがとうございました(^o^)
クローバー | 2010/01/26 7:11 PM
クローバーさん、
いつもコメントありがとうございます。
鬱の話題は、そういえば昔部室でも一回私がコメントした気がします。確かに、それがもうどこかへ流れてしまいましたね。
おかげで今回取り上げることができました。
ありがとうございます。
不倫ネタは、おっしゃる通り、高校生の女の子が・・というのはそうですね。私もそこまでは思いつきませんでした!
みんながハッピーになれるような解決法があればいいのですけどね。
でも私も不倫ブログを読んでみんながそこに我も我もと書き込み、「みんなやってるんだから悪いことじゃない」的になっている今の時代は異常だと思います。
やっぱり、誰かを傷つけるような行為なんだ、という自覚は持っていてほしいし責任を取る覚悟でいてほしいですね。
なんとも不倫に安易な時流ですが。。

部室はクローバーさんの愛あるコメントにみんな触発されて活発に参加していただいているのでとてもうれしいです。まさにクローバーさんが最初におっしゃってたような、幸せ報告も増えてきましたしね。私も本当に元気をもらってます♪
また今後もよろしくお願いします!!!
恋愛部長 | 2010/01/26 7:48 PM
部長さん、先程は失礼しました。(^o^)


最近は部室でも高校生や10代や20代前半の方の投稿増え続けています。カルチャーショックを受けつつ、別の恋愛サイト見ると不倫は文化だを応援し合う方や、離婚はしないけど彼氏が欲しいだの、本当にこの国の女性って…って溜め息が出たりしていました。


今は自分の目指す方々のblogしか見ていませんが、部長さんのblogは実践して損はないです(爆)。


ドロドロの溜まり場見ると、本当に吐き気や目眩がします。私達世代が好き勝手にやっていたら、子供が大人になりたくないの解る気がします。


部長さんのblogに出会って恋愛は楽しくなくちゃ勿体無いって解りましたが、あのドロドロだらけを見るとドロドロ集団より幸せ集団にいたいと心から思える場所であって欲しいです(爆)


もうすぐバレンタインの時期になるので、トピがバンバン立ちそうですから、好例のバレンタイン特集も楽しみにしています。


部長さんのザッハトルテ食べた〜い(^o^)


いつも部長さんの記事やコメントを自分事として見て、自分を大事に幸せな恋愛をする事を意識して、優しい気持や愛情を画面から受け取っています。


部室でも部長さんのコメントはもちろん、頑張ってる部員の方々やblogを知る前に幸せになった方々からのコメントも楽しみにしています。


ペースダウンはしますが、私も部長さんや皆さんに恥ずかしくない様に引き出し増やします(^o^)部長さんもお身体に気をつけて下さいね♪

行って来ます
クローバー | 2010/01/26 11:07 PM
いつもありがとうございます。

部室の恋愛相談ですが、
部長様が本を出版されてから、第三者から見ると(自分のことでないと冷たい見方になってしまうからなんでしょうか)
本やブログを読んで投稿していないのでは
ないように感じるものが増えたような気がします。

部長さんがお忙しいということで、部員の方が助けていらっしゃるのは、本当に悩んでいらっしゃる方にとっては救いになっているとは思います。

でも、投稿されたものを全員、即返事を出さなければと思ってしまうのは、
本やブログを読んでいない方にとって
ラクチンに回答が得られることにもつながります。
それによって、部長さんの意見が軽いものへと扱われてしまいます。

これは、男性に軽く扱われないように
アドバイスいただいていることと同じでは
ないでしょうか?

もし、お気にさわったらすみません。
そぐわない内容でしたら削除してください。

ゆみ | 2010/01/27 6:57 PM
ゆみさん
ご意見ありがとうございます。
そうですね〜難しいですね〜
いくら言っても、
ブログ読まないで相談しちゃう人は
いるでしょうし、まぁ、それだけ切羽詰まって周りが見えないんでしょうね。
(;´Д`)
ただ、ブログを読んでくれ〜といくら言ってもそういう人って読まないでしょ。(笑)
これまた男性に、「もっと連絡して」と言っても連絡してこないのと同じで。
大切なのはご本人が自発的に読んでくれることだし、マナーを守ってくれること。
ただ、最近はあまりに投稿も多く、スレの上がり方が早すぎて、相談に乗ってる人にもご迷惑かな、と心配してます。
私はとっくにフォローできなくなってるし。
あまりに管理が難しくなったら、
部室を取りやめるしかないかなぁ。

残念ですけどね。

考えますね。。
何かいいアイディアがあったら教えてください。お願いします。
恋愛部長 | 2010/01/27 8:25 PM
お忙しい中、お返事ありがとうございます。

1意見として書き込ませていただくなら、
部長さんの都合(管理できる範囲)に合わせてくだされば良いのでは?と思います。

悩んでいる方は返信を期待していると
思いますので、
例えば予め仕事の都合に合わせて
「何日の〜から〜まで受け付けます」などお知らせされたらどうですか?

相談される方も、ご自分のスレがコメント入らず下にさがったり、部長さんのコメントが
入らず寂しい思いをしないかな、
などと考えています。

勝手にいろいろすみません。
ここは部長さんを始め、部員の方々で
大切にされているのが心地よくて
このまま大きすぎず小さすぎずで
行って欲しいなと願っています。
ゆみ | 2010/01/27 8:48 PM
部長さん私も部長さんと同じように、いくら部長さんがお願いしても、来る方のマナーやモラルだと思います。

ゆみさんと同じく本当に本やblogを読んで、理解してるならわざわざ同じ内容で書き込みはしません。


早く楽がしたくても所詮、自分の頭や心で考えて選択を繰り返さなければ、恋する自分に振り回り続けます。


部長さんの本やblogは本当に丁寧に具体例が書いてあります。私は今でも2年前からの記事をたまに熟読したり懐かしく見ます。


出来るようになっても、自分の位置を確認したり、感謝の気持や自分の小さな努力を意識する為です。


昼休みに部室を見て、コメントするかしないか迷いましたが、ゆみさんが意見としておっしゃっていた事が私も気になっていました。

自分の指が痛くなる位同じ事をいろいろな方々にお話しさせて頂きましたし、お腹がいっぱいです。
部長さん以外にもコメントされた部員の方々のコメントや本やblog読んでたら、同じ質問はしません。


早く楽になりたい気持は解らなくもないですが、だから上手く行かないって本当に気付いてる方が上手く行ってるように見えます。


部室がどうなるかは部員の方々次第って、皆さんが気付いて下さると良いですね。


過去の学びが誰かの役に立てばと、本人以上に真剣に考えたおかげで私は幸せになれましたが、必死でもがいた私は不安だろうと即レスをしたから、私自身がモラル違反に加担したのかも知れません…。


あくまでも私の経験や意見であって私が厳しい事を言ったとは、今の私は思っていません。過去の振り回ってた頃を思い出せば、辛口だったかとは思いますが、普通の友達は『貴方が後悔ないように頑張って』(^o^)と背中を押す人が多いです。

そうすると肉食女子は彼に行動を起こす事こそ後悔しない事だと、重いを更に重くします。


自分を磨いたり、彼以外の時間を大事にしたり、人として好かれる関係を誰とでも作ったり、痛みや現実は苦しくても受け止めたり、過去の私もでしたが、彼リサーチ出来ていないというか、リサーチしてるつもりで様子伺いや妄想だけしていました。(爆)


好きな人が何を望んで、どうしたら喜んだり怒るか悲しむか解らなくて、階段は7から始めるの無理です(^o^)


私は部長さんのblogでトラウマや痛みや不安や妄想する自分や、自分がどうしたいか2年かかって実行に移せました。 続きます
クローバー | 2010/01/27 9:39 PM
私は人一倍不器用で引き摺るのも長かったですが、出来るようになる期間やペースもそれぞれあります。


私は見ているとお節介を妬きたくなるタイプなので、部長さんの記事に近況報告や過去の武勇伝を話します。


部室は見守ります。
しつこい様ですが、幸せな恋愛すると本当に生きていて良かったと思います。


ゆきこさんのように、話し合い支え合い一番の理解者でお互いあれるように、私は走ります(^o^)皆さんお元気で
クローバー | 2010/01/27 9:49 PM
部長様、みなさま、
部室では急に登場してピントはずれな体験談を述べてしまったかもしれません!!

ご著書は発売時に購入し、女性として共感できるところが多く、愛読しています。ただ、現在進行形ではない部分はよくわかっていないかもしれません。 失礼しました!

思わずクスッと笑ってしまう箇所もあり、部長様の卓越した表現力が大好きです。部長様のお相手になる方は、きっと多くの"笑い”を提供してもらえて楽しい日々を送るのだろうな〜と思います! パートナーや家庭に”笑い”を提供できる女性は希少価値があると思います!! 

いろいろあるなかで、34章の女性の自立の大切さに大いに共感します。特に218ページ辺りからは、全ての女性に大切だと思います。 既婚・未婚、子有り・なし、仕事があろうと専業主婦だろうと、そういうの関係なし。 びしっとシャキッと自尊心を持って、しなやかに自立することが現代女性のサバイバルの秘訣かと(笑)。 そうすると、健全に自分も相手も大事にできますよね。

勉強になりました。 ありがとうございました!
ゆきこ | 2010/01/28 12:02 AM
そうですねー。
部長様や部員の方が返事できる範囲やペースでいいと思います。
相談する方は余裕がなくなってしまう気持ちもわかるのですが、別に急いで返事をするのがいいとは思いません。
相談させていただいたこともあるのでわかりますが、相談をすると返事が早く欲しくなりますよね。(彼氏にメールを送ると返事を待ってしまうかのように笑)
ですが、落ち着いて考えると、恋愛において慌てて行動していいことってありますか?
即返事が必要なことって実はあまりないと思うんです。
相談してから返事が来ない間に、自分で落ち着いてみるなり、ブログや本を読むなりして
答えを探してみるというのもいいと思いますし、私もパニックになったときは、そういうこともしてました。ぐるぐるしても自分で答えを出したことは自分の自信につながっていくと思います。
返事がこない間に考える時間というのも必要な時間と考えればいいと思います。
「返事がこないー」と思っていたら、私は焦っているんだなと気づけたりするし。それで、「じゃあ自分でも考えてみよう」と思えるかもしれない。
自分で考えてみて、「こういう状態で、こうしようと思っていますがどうですか?」と聞く事もできますしね。

だから部長様の返事が遅かったり、返事ができなくても仕方ないことですし、私は部長様のペースでいいと思います。
そのようにしていれば、お返事を待てる方だけ相談するようになるんじゃないでしょうか。



S | 2010/01/28 11:45 AM
こんにちは。

うつ病ということで。
確かに他人にはその人を変えるだけの絶対的な力はないです。しかしその人を導くことは少なからず可能です。特にその人にちかしい人はそれなりの影響力もあります。
他人がどうこう出来ると買いかぶりすぎもよくありませんが、ただ待つだけが役目ではないと私は思います。(ブログを読んでの感想ですが、文の意図とズレていましたらごめんなさい)
また、専門家というのもピンキリです。今、精神薬の処方についても医学界で大きく変わっているそうです。専門家を頼るのは重要ですが、情報は複合的にという意味で、セカンドオピニオンやインフォームドコンセントなどをおすすめします。
色んな専門家に聞くのがベストです。


このコメントがどなたかの役に立てば幸いです。
愛読者 | 2010/02/02 6:09 AM
現在 私がうつ病を患ってます。絶頂に悪い時は いつも歩く道の方角がわからなくなる位酷かったです。そんな中 ある友人はいつもと変わらず 私に接してくれて 遊んでくれて それが一番安心出来ました。
半年休職し 異動した先の上司はめちゃくちゃ気を遣ってくれて…大変有難い話しなのですが 申し訳ないなぁ…私がいなければこんなに気を遣わなくて済んだのに…と後ろめたい気持ちに何度もなりました…でも 今は色々な人が守ってくれるから私は頑張れてると いつも感謝の気持ちを忘れずに過ごせてます。私はうつって事で 特別視されるのだけがコワいです…
ただ最近 私の事をすごく気に入ってくれてる男性がいます。ホントに誠実に接して下さる方で私も気に入ってます。でも私の事情を知ったら どう思うだろうって考えるとコワくなってしまってます…
のりちょび | 2010/02/02 9:45 PM
部室でないのに、書き込み失礼します。


のりちょびさん、ご無沙汰しています。クローバーです。(^o^)

少しずつ回復されて良かったですね。のりちょびさんは会社にとっても、お友達にとってもかけがえのない存在だから、回りが大事に見守りたくなる人なんだと思います。


私もトラウマ根が深く、本当の私を知ったらみんないなくなってしまうかと不安で眠れない日もありましたが、私を大事にしてくれる人はのりちょびさん同様誰も変わりませんでした。


のりちょびさん自身が付き合った経験が少なかった様に記憶するので、嬉しい反面どうして良いか解らないと思います。


幸せな恋愛を楽しめるようになった私から、提案です。まずはゆっくり時間をかけて1つ1つクリアしてみませんか?


私もトラウマが大きく壁になっていた頃は、自分が早く楽になりたくてぶち当たり自爆していました。一気に話すのではなく、信頼関係が出来て行く中で1つずつ話せば、のりちょびさんを好きになってる人なら解ってくれると私は思います。


現に私の彼は私が水商売をしていた事も、離婚も父親の件も信頼関係を2人で築く際に話ましたが、一切変わりませんでした。


誠実な人は傷付ける嘘はつきません。私の彼は『君は誰より幸せにならなきゃ絶対に駄目なんだよ』と普段温和で優しい彼が真剣に言ってくれたのは本当に生きてて良かったとさえ思いました。


『僕が幸せにする』はプロポーズまでお預けです(爆)初めはどうして良いか解らないし、戸惑う事も多いと思いますが、のりちょびさん前もたまたま出会ったタイミングやリサーチが遅れただけです。

いきなり白黒つけなくても、大事にされる恋愛は幸せですよ。のりちょびさんを好きなら、のりちょびさんのペースに合わせてくれるのではないでしょうか?


相手から告白されるか振られるまでは白黒つけずに、どんな人か距離が少しずつ縮まるの私も応援しています。

また抜かされてしまうかも(爆)大歓迎ですよ(^.^)行ってらっしゃい♪
クローバー | 2010/02/02 10:24 PM
クローバーさん お久しぶりです.
真剣なコメント,大変感激してしまいました.ちょっと涙してしまいました.
今は 色々な人の優しさを 今度は,色々な人にお返ししていかなきゃと思ってます.

それと こんな私が恋をしてもいいのか 相手も可哀相.と思って『今の私に恋する資格はない』と思ってしまってて すごく苦しい思いもしてました.
そんな時 何となく参加した友達主催の飲み会で今の人と知り合いました.又会社の人ですが(;^_^A
趣味に共通するものがあり 話しが弾み 仲良くなりました.
その人は,こんな私がこんなに優しくしてもらっていいのか…って切なくなる位優しい人です.めちゃくちゃお仕事忙しい人なのに 色々な面ですごい努力してくれてます(>_<)そんな人だからこそ私もずっと思いやりの心を忘れずに接していきたいです.
実は 14日に遊ぶ約束をしました.緊張してます!でも たくさんお話し弾みそうで楽しみにもしてます.又報告しますね.自信が出ました.クローバーさん いつも有難うございます.
今度こそ春やってくる様頑張ります.
のりちょび | 2010/02/03 10:07 PM
はじめまして。つゆくさといいます。過去の記事に失礼します。
相談ではないですが…この記事に励まされました。私の彼は…タイトルの通りです(苦笑)理由はよく知らないのですが、ときどき発症してしまうみたいです。
彼が病気のとき…本当にそこには彼がいるのに彼ではありませんでした。やつれてやせてしまって、表情はなく、目もどこかボーっとしていました。彼が去ったあと、友人の前で泣いた記憶があります。
彼が苦しんでいるのを見たあとの一時期、すごい悩んで1ヶ月くらいは落ち込んでいました。
だけど、どうしても自分のその状態をかえたくて、「せめて彼の負担にならないように本当の笑顔でいたいな」そんな気持ちを持ってさまざまなことをやり、新しい趣味も見つけました。
そして、本当の意味の「笑顔」を知ることができました。彼のおかげです。

ある親しい友達には彼のことを話したりはしましたが、答えは自分で必死に探したのでその方法で良かったのかな、とぼんやり不安を持ちつつずっといて、ブログ巡りをしていてここを見つけました。この中に書いてある状況、とても自分に当てはまっていて暗中模索してきた私にはすくわれた記事でした。
今もその彼とはお付き合いさせて頂いていて、この前メールで恥ずかしがりながら「好きだ」って送ってくれました(笑)
記事を書いて頂き、ありがとうございましたm(_ _)m通りすがりの者ですが、感謝を伝えたくコメントを書かせて頂きました。
忙しいところ、長々とすみませんでした。。では失礼します。
つゆくさ | 2010/02/09 10:30 PM
はじめまして。

短気でさみしがりやな彼の気持ちがわからなくて、
悩んでいるときに、
こちらのサイトにたどり着きました。

うつ?
モラハラ?
アダルトチルドレン?

どれもあてはまるような、
あてはまらないような感じです。

でも、私自身も完璧ではないですもんね。
知らず知らずのうちに、
彼を変えようとしていたのかも。。

信じて、
待ってみようと思います。

ありがとうございます。

また立ち寄らせていただきます。
ミユキ | 2010/08/08 10:13 PM
すがるような思いで部長さんの恋ばらに辿りついて、1年半。

事あるごとに、たくさんたくさん励まされました。

昨日、今おつきあいしてる彼から、仕事でうまくいかず、鬱気味のようだと告白されました。

しばらく連絡がなかったので、思い切ってメールをした際、電話で話してくれました。

私と出逢う前にもあったそうで、今は本格的に鬱にならない為に、彼なりに人と距離を置いたり、疲れをとるべく静養しているようです。

ただただ無視されてると思いこんでいた私は、自暴自棄になってましたが、彼が事情を話してくれたお陰で、心のもやもやが晴れ、部長さんのこの記事を思い出し、再度読ませていただいております。

ごめんね、ごめんねと何度も謝る彼に、この人が大事なんだって改めて思いました。

彼が元気に復活することを信じ、私は自分を磨き、楽しい時間を持ちながら、待とうと思います。

部長さんのこの記事がなかったら、変に正義感に燃え、慌てふためいて、助けようと逆効果にあがいてしまっていたと思います。

どうなるか、いつまで続くかわかりませんが、くじけそうな時にはこの記事を読み返してみます。

またまた救われました。
いつもありがとうございます。
新刊ぜひ読ませていただきます。

rin | 2010/10/14 12:11 PM
迷って迷って

苦しんでました


ここに来て
これを読んで

私、救われました

ありがとう
さくら | 2010/11/26 6:49 PM
21歳のなつです。
今ちょうど付き合おうと言っている人がうつ病で連絡が取れなくなっています。私はもうほとんどよくなっているのだと思っていたのとうつで連絡出来なくなるとは知らなかったために連絡が来ないコトを心配して何回も連絡してしまいました。彼はしんどいのにちゃんと理由をメールで伝えてくれて…(泣)
今考えると本当に彼に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
私は彼のために出来ることなら何でもしたいと思って…少しでも理解出来ればと思い、こうしてうつについての情報を取り入れています。
恋愛部長さんの言葉…本当に納得しましたし、すごく参考になりました。
ありがとうございます。
彼は絶対に治るって信じます。私がなんとかして…なんてもう思いません!
自分自身が本当に幸せでそれが溢れてきたなら彼を幸せにすることもいつかは出来るはずですよね?
私はまだまだ子供で彼に依存してしまいそうなんです。それだけが不安です。
これは成長の機会だと考えて自立しようと思っているんですが…。
結果、彼の負担になる位なら付き合わない方がいいのでしょうか…少し時間をおいて、付き合ったらいいのか…コメントのとこなのに質問してしまいました(>_<)すみません。
なつ | 2010/11/28 1:10 AM
同棲中の彼が鬱病になりました

どう接したらいいのかわからず
泣いてばかりいましたが
この記事を読んでとても救われました

ありがとうございます
yun | 2010/12/10 3:42 PM
彼は完全な「鬱」ではないみたいですけど

「鬱かもしれない」と自分で感じて
周りに相談してたみたいでした。

奥さんに男ができて
子どもを連れて行かれ、
離婚裁判を始めて一年。
子どもともずいぶん長い間会えずで
私と付き合い始めた当初は、気も紛れていたようですが、最近は仕事が多忙なのもあり
浮き沈みがはげしいようでして。。

一週間前に会いましたが
卑屈っぽいとゆうか、なんとゆうか
きっともう、自分のことでいっぱいいっぱいなんだろうなーというオーラだったので

「裁判終わるまで会わないでおこう」と
私から切り出しました。

いま、彼にわたしができることはそれしかないと思ったので。


彼にしか乗り越えられないこと。

何も出来ない自分を責めたこともありましたが
彼自身が納得いくまで、思い切り向き合って
取り組んでもらいたいと思ったので・・。

彼は、

「俺は、待っててほしいなんて言える立場じゃない。
kyokoはkyokoらしく、自由でいてほしい」と言ってました。

いつ終わるかもわからないですが
ただ信じて、見守るしかないです。


彼なら、きっと今を乗り越えられると信じてます。


戻ってきたとき、暖かく迎えてあげたいと思っています。

kyoko | 2010/12/13 2:26 PM
初めまして!

うつ病、彼氏と検索をかけたら、このページがでてきました。

実は、付き合って1年になる彼が、今うつ状態で。
何年か前も、同じ状態になったことがあるらしいんですが…。

今までは、一週間に二回くらい会ったり、毎日連絡先取り合っていたんです。
だけど、一ヶ月前辺りから、いつものように今日逢える?って言っても、逢ってくれなくなって。
しばらくして、最近調子がわるい、人に迷惑をかけてる事に耐えられないって言われました。
そのメールがきて、慌てて無理矢理逢いに行ったんだけど、暗い部屋で、ずっと目も合わせてくれない状態でした。

今まで笑顔で、大好きだった彼が、抱きしめても抱きしめ返してくれなくなった事が、ものすごく辛くて、毎日泣いていました。

だけど、今は、とにかく、そっとしておくようになりました。

何日も連絡が来なくても、彼が逢おうって言うまでは、何も言わないで、見守る事にします。

たまたま、時期的に、私の仕事が上手く行っていて、彼が上手く行ってなかったので、もしかして、彼女に上に行かれたみたいな感じで、プライドを傷つけてしまったのかなと思った時もあって。

それが原因なの?と責めてしまった時もありました。

けど、私が原因じゃないんですよね。

ここに書いてある言葉や、みなさんの書き込みを見て、救われました。

「めっちゃわかる!!」と一人で叫んだくらい(笑)

ありがとうございました(^O^)

彼とも、向き合いつつ、見守っていきたいと思います。


くるみん | 2010/12/23 5:56 AM
初めてコメントします。

半年前に「彼がうつかもしれない・・」と思った時、一度検索でヒットして読ませていただきました。

そして、今月に入って彼が「鬱がひどい」と打ち明けてくれました。

今日、再度こちらを読ませていただきました。
私だけは絶対に幸せでいようと思います。

彼とは毎年カウントダウンを一緒に過ごしてました。日の出を一緒に見に行ってたけど、今年は彼の気持ちを最優先してみようと思います。

きっと来年、二人で行けるかもしれないし^^

明日は一人で初詣行ってこようかな☆
みい | 2010/12/31 1:37 AM
この記事を読んで涙が零れました。

あたしの彼は鬱病でした。
今も完全に完治したわけではありません。

彼が鬱を発病したとき、あたしに「会うのが怖い」と言われ会えなくなりました。
会えなくなってからも彼とはずっとメールだけで繋がっていました。

1ヶ月に1度、3週間に1度、2週間に1度、10日に1度。
時々彼にメールを送りながらただ彼を待ち続けました。
励ますことはせず、綺麗な空を見上げてはその空の写真を送ったりしてました。
彼からの返信はあったりなかったり。
泣いたり落ち込んだりを繰り返しながら「もう2度と会えなくてもいい」そんなことを考えながらただ彼を見守りました。

10ヶ月後、彼から「会いたい」とメールが届きました。
今はもうダイジョウブです。

彼を信じて愛し続けてよかったと思ってます。
願いや想いはきっと届きます。きっと。
蓮夏 | 2011/01/04 9:51 PM
病身であろうがなかろうが、生活も恋愛も【常識】の上に成り立っているような気がします。
親も、恋人も、尊い個の人間で、親だから、恋人だから、気ままに振る舞っていい、今は辛いから、疎遠にしていい、今は元気ないから、粗雑に対応してもいい、しばらく連絡しなくていい、ではなくて、病身であろうとなかろうと我々は人と関わりを遮断して、自分だけの力で日々の生活は生きていないので、周囲の人達への感謝は常に持つべきだし、丁寧に接するのも当然ですし、全てはまず「常識」からで。
男性も女性も「常識」から。
恋愛も「常識」から。
bambi | 2011/01/22 8:46 PM
 はじめまして。「うつ病」「女性」でググッたらここにきましたので、読ませてコメントさせていただきました。
 ぼくは♂で、8年前にうつ病で倒れました。「自分はこの世には必要ないから、早く死ぬのがふさわしい。自殺はいやだからなにか不治の病にでもならないだろうか」と思っていました。職場のパワハラや周囲からの罵詈雑言が原因であったため、自信は失われ、人が信用できなくなり、恋愛に至っては、一生不可能だと思えました。

 うつ病の彼氏のために、思い悩んでいる女性たちをみて、ほんとうに涙が出るほどうれしくおもいました。うつ病の彼は、みんなの愛情がほんとうはものすごくうれしいのじゃないかとおもいます。ただ、彼にはそれを受け止めるだけの力がない状態なのです。いや、それがあったとしても、いまの彼は、「自分のような人を愛してくれるなんて、申し訳ない。彼女の思いを受け止められない情けないぼくにふさわしいのは死だ。」とおもっているかもしれません。
 しかし、闇がかならず明けるように、病もよくなる日が来ます。ここの書いてあるみんなのコメントを参考にしながら、のりこえてみてください。

 恋愛にずぶの素人な、ノータリンからの一言でした。
nightflight.alone | 2011/01/27 9:42 PM
はじめまして。

この記事に出会えてよかったです。

やはり世話を焼きすぎてたんだなと分かりました。

書いてくださってありがとうございます。
santaro | 2011/04/18 11:34 AM
救われました。
鬱病の彼から音信不通にされ
私自身も酷く落ち込み、
壊れかけてました。
鬱病、甘くみてました。
これからたくさん勉強して
彼を見守りたいとおもいます。

大好きな彼だから。

ありがとうございました!


かりん | 2012/03/20 10:06 PM
まだ付き合い初めの彼がいるんですが最近うつ気味です。
元奥さんがうつになってしまったらしく子供たちから戻ってほしいと言われるみたいなのですが自分的には戻りたくないけど子供たちのために戻るべきか悩んでいて、付き合い初めは愛してるとか好きとか言ってくれてた彼は今では何も言ってくれなくて不安で私はこのまま側にいてもいいのか別れた方がいいのか私はどうしたらいいのかわかりません。
彼氏とは遠距離です。


みく | 2012/04/03 12:41 AM
この文章、とても心に響きました。
どんな鬱のサイトよりも、響きました。

ありがとうございます。
本当にありがとうございます。
あず | 2012/04/30 7:01 PM
私の彼もうつ病の症状が再発しており、付き合う前からうつ病なのは知っていたのですが、最近ひどくなっていて、私自身どうすればいいのか、毎日悩んでいました。
一つのきっかけで自分も精神的な病にかかってしまいました。

付き合っている期間はまだ短いのですが、私に何か出来ることはないか、どうしたら彼は救われるのだろうかと思っていたのですが、この記事を見てなんだかとても救われた気がしました。
彼が落ち込むたび、同じように私も落ち込んでいたのですが、もっと笑顔で明るく彼を見守って、待っていたいと思います。

本当にありがとうございました。
はるみ | 2012/11/30 1:48 AM
はじめまして。
「彼氏 うつ病」でここにたどり着きました。
私の彼氏も、最近うつ状態です。
付き合い初めてから、私自身、人間関係や、学校の試験について悩む事が多く、たくさん彼に救ってもらいました。
今は全ての悩みが解決し、私は心身共に健康なのですが、長い間、彼に心配をかけてしまったため、彼の心は疲れ切ってしまっています。
もうすぐ就職活動が始まるため、そのプレッシャーも彼を苦しめている原因かなと感じています。
最近は、「疲れた」が彼の口癖です。
初めは、疲れたばかり言っている彼の心理が理解できず、苛立ちを感じていたのですが、最近の彼の内気な様子に異変を感じ、やっと彼の状態が良くないのだと気づきました。
出会ったばかりは、いつも優しく思いやりがあり、すごく私を大事にしてくれていました。
短期間でも、時間がある限り、私に会いに来てくれるような人でした。
しかし、最近は違うのです。
連絡も少なくなり、私に会いたいとは思えないようです。
「好きかどうか分からない、愛情が持てない。全てが負で、自分の感情がおかしい、鬱かもしれない。」とも言われました。
自分のせいで、自分が彼に頼りすぎ、甘えすぎたせいで、苦しめてるのではないかと悩み、私は自分を責めていました。
ですが、この記事を読んで、少し気が楽になりました。
今は、彼が前の彼に戻るのを信じ、待とうと思います。
そして、私までもうつ状態にならないように、気を引き締めていようと思います。

ありがとうございました。
ねこ | 2013/03/28 11:08 AM
はじめまして

ずいぶんと日がたっているので、このコメントに気がつかれないかもしれませんが、こちらの記事から
学んだことがたくさんあって、どうしてもお礼がいいたかったので書き込みました。

私の彼氏も精神病で今は心療内科に通ってカウンセリング、薬による治療をおこなっています。
付き合う前から、過去のことで精神的に参っていた状態だった彼氏に何度となく救われてきました。
でも、だんだん症状は悪化していき、外出することもままならなくなりました。
それは私のせいもあるんじゃないかってたくさん彼氏のことで悩んで泣いて苦しくてどうしようもない状態だったのですが、こちらの記事を読んで、すごく楽になりました。そして、彼氏は悲しんで泣いてる私の姿なんて見たくないよな、ってふと自覚しました。
ちゃんと自分の中で幸せになって、いつか彼が立ち直ったときに、おかえりっていえるように、彼が帰りたいと思える場所を私が作っていこうと思いました。
まだまだお互い高校生なので、感情の波が激しく、気丈でいることが難しいときもあるかもしれませんが、そんなときはまたこちらの記事を読み返したいと思います。

ありがとうございました。

sakura | 2015/02/01 3:06 PM
片思いの相手がうつ病で休んでいます。前日に話したため、私のせいのようで心配で毎日食べられない眠れないでいるのですが、恋愛部長さんのこちらの文章に救われました。どうもありがとうございました。携帯に画面メモさせていただいて、もう死んでしまいたい気持ちにかられた時、時々読ませて頂いています。
レイコ | 2016/09/04 2:54 PM
コメントする