恋はいばら道・倉庫

数々の失恋経験・失敗談から学んだ恋愛部長がお届けする、捨て身のぶっちゃけ恋愛日記。
(こちらは現在更新してません。アーカイブになります)
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 断食してきました〜 | main | 笑いの効用 >>

理想の夫婦

立て続けに、ちょっと雑談。

最近、知り合いにいただいて読んだんですが、
これがも〜〜〜〜読んでるだけでhappyになる本だったので、
ちょっと紹介しようと思いまして。

『Dear My Life』(森冴子)

 誰か有名人かっていうと違います。
でも、普通に結婚して、子供生んで、それで満足しなさい。
という時代に、その先の自分の生き方を考えて、
「違う!私は私の人生を生きなきゃ!」と思い立ち、自らの手で人生を切り開いた
一人の女性の半生記です。

もちろん作家でもないし、エッセイストでもないので、
何か人生のヒントとかくれるわけではないです。
でも、人間は、その人生こそが作品なのだと。
その人生をつづることが何より雄弁に、その人の言いたいことを表すのだということを、
この本は、思い出させてくれます。

実は、この旦那様が知っている方なのですが、
本当に素敵な人で、本を読んだらますますも〜惚れこんでしまいそうな男っぷりなのです。

「あ〜こんな男性が世の中にいるんだから、
私もそういう男性に見つけてもらえるようにがんばって生きなきゃね!」って思います。
二等辺三角形の法則ですよ。
いい男に出会えるには、
いい女にならないとね。

世の中には、結婚してからもずーーーーっと、お互いを尊敬し合い、
助け合い、愛し合える素晴らしい夫婦がいるんだ。
まさにそれって最近の私の課題だったので、
つまり、「刺激し合いながら、助け合いながら、それでも一人ひとりの人間として生きる、
そんな結婚をしたい」って。
でも、どこかで、「そんなの理想論だろうか。私の夢妄想なんだろうか」って思うこともあって。

そんな中で届いた一冊の本。
まさにノンフィクションの、ご夫婦の軌跡。
それが私の求めて思い描いてた姿そのまんまだったので、
本当に、びっくりしました。
「そう、そういう結婚を、したいんだ!」って。
最後は、目頭を熱くして読みました。

まるで神様が、
「自分を信じて、理想を追いかけていいんだよ」って
本を通じて言ってくれてる気がした。
ちゃんと私の求めている結婚の形を実現してる人がいるんだよって。

どうして、思いあう人の姿はこんなにも心に染み入るんでしょうか。
その奇跡に触れるたび、
心揺さぶられるのでしょうか。
本の中にありました。

「それで君はこの先どう生きる?」

旦那様が奥さんに言ったセリフです。
このセリフを奥様に言える器量を持った男性が、この世に何人いるでしょうか?

そして、そう言われるにふさわしい生き方と、力をもった女性だからこそ、
そういう男性に出会えたのだと思う。

そういう関係を、私はとても素晴らしいと思うのです。

読み終わって、
「ラッキーだなぁそんな男性に出会えて〜」っていう卑屈な気持ちにならなかったのは、
たぶん主人公の女性が、それにふさわしい女性だからです。

むしろ、背筋が伸びた思いです。

新しい、自分の目標、理想ができて、
私はしあわせです。

そして、そんな人に巡り合える、この自分の人生の幸運を、
神様に感謝したい気持ちです。

もしも興味があったら、皆さんもぜひ。
人生観 | comments(5) | -

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

すごーい(人´∀`)

あたし、いつも思うんですが、部長はそういうものや人に出会うように毎日過ごされてるように感じます。
あたしはどちらかというと、『こういうふうにはなりたくない』っていう人に出会うことが多くて…

それはそれで反面教師というものでありがたく出会ったことに感謝していますが(*´д`)

でも部長の本にで会えたことやもちろん周りにもステキな夫婦いますし、あたしも自分を磨きながら、理想をなくすことなく自分にふさわしい、自分も理想の相手にふさわしくなれるように向上し続けます!

いつも落ち込んだときにblogの更新ありがとうございます☆

ほんとにあたしの落ち込みにグッドタイミングなんですよ(///∀/)
みゅー | 2010/04/17 7:45 AM
はじめまして^^
本の紹介していただいて恐縮です!
こんなに褒めていただいて、嬉しいデス。
ちょっとこそばゆい感じもしますケド。
理想の夫婦すぎて、娘的には現実とのギャップに苦しくなる時期もありましたが(笑)
とっても幸せなコトですよね^^
突然のコメント、失礼しました♪
ようこ | 2010/04/19 12:18 PM
>ようこさん
あ!はじめまして!
わざわざコメントありがとうございます!本当に素敵なご夫婦ですよね。私が娘だったらかなり「はいはい勝手にやって!」と言ってしまいそうです。(;´Д`)
ご本とても愛にあふれていて素敵でした。
ありがとうございます♪ようこさんのブログもお花のいい匂いがしそうで素敵ですね。また遊びに伺います〜
恋愛部長 | 2010/04/19 3:52 PM
いつもtwitter見ています。

まさに、私もそのようなパートナーシップを求めています!
お互いの事を尊敬して信頼して、一緒にいる事で伸びるような、そういう関係。
私もこの本を読んでみます。

たぶん、「こういう相手に出会いたい!」と思った時点で、絶対に会えるんだと思います。
部長さんにも素晴らしい未来が待っていますよ〜。
鮭 | 2010/04/27 10:42 AM
初めまして。
倉庫になった今でも、部長のブログ大いに参考にさせて頂いてます。
失恋した直後にこのブログを知りました。突っ走って告白してしまう前に知ってたら結果は少し違ってたかも。

そして、Dear My Life 読んだので初コメさせて頂きました!
ホントは活字読むの苦手なんです。スティーブジョブズの本も、興味があっても頭に入って来なかったぐらい。でも、Dear My Life はすごく読みやすい文章だったので気構えなくてもスラスラと読めました。
結婚する事がゴールかのように思っている女性も少なくないと思いますが、結婚後にこんなに明るくアクティブな生活を過ごせるなんて、自分の力をこんなに発揮できる家族の包容力も、著者自身の活動力も、素敵だな、と思いました。
素敵な人の前には自然と素敵な人が現れる、そんな人に出会えたら、本当に幸せ。
えりこ | 2012/07/03 7:00 PM
コメントする