恋はいばら道・倉庫

数々の失恋経験・失敗談から学んだ恋愛部長がお届けする、捨て身のぶっちゃけ恋愛日記。
(こちらは現在更新してません。アーカイブになります)
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

疑うこころ

 ちょうど、twitterで話していた話題なんですが。
ちょっと熱が出て眠れなくなったので、(寝てなさいという説もありますが)(;´Д`)
ちょいちょいと書くことにします。

相手を疑う気持ち。
ありますよね。
私もありました。
すごーーーく心配性で怖がりで、妄想暴走超特急な私のことですから。(爆)

「彼は浮気してるんじゃない?」
「彼は私を本当は好きじゃないんじゃない?」
「彼は元カノのこと考えてるんじゃない?」

考え出すと止まらなくて、
すべて目に入るものが、それを裏付ける証拠にしか見えなくなる。
そしてその「証拠らしきもの」を集めては、
彼につきつけて、「ほら!私の言ったことはホントでしょ!」ってやりたくなる。

でもね。

ある時気づいたんですよ。

私が彼に見ている「不安」や「疑い」は、
私自身の経験から生まれてきているんだって。

子供のころは誰だって相手を馬鹿みたいに信じることができたのに、
人間は悲しいかな、
いろんな裏切りや、悲しみ、別れを経て、
どんどん臆病になってしまう。
振られた記憶や、恥ずかしいと思った記憶、
そんなものがすべて、「今度こそだまされない」「今度こそ失敗しない」って
変な自衛本能になっちゃったり。
そもそも、自分に自信がなかったりすると、
「相手に愛されない自分」って、すぐに回路がぱちんて入って、
「ほらやっぱり、この人もそう!!!!」みたいな発想になる。

でも、あえて言うならば、

そういう疑いは、自分で生んでいるのだと。

そして、疑わしいと一度思ってしまったら、
すべてが疑わしく見えてくるものなのだと。

たとえばだ。
彼がウソをついていると思う。
そんで、それを確かめたくて、携帯やメールを見てしまう人がよくいます。
本当によくいます。
なんでするんだよ、と思うけど、私の友達にも普通にいるから、
かなり普通のことらしい。(笑

でも、私はあえて言いますが、
携帯やメールに残っているものは、
本来人間が内側に隠し持っている部分にひとしいのだと。
それは完全なプライベートなのです。

本来見えないものを見て、整合性を問いただしたって、
100%綺麗なものなんか出てくるわけない、と私は思う。
そして、疑ってかかっているときは、
どんな小さなものも、「証拠」に見える。

たとえば、私だって、小さなどーでもいい嘘はつきます。(;´Д`)
そりゃ人間ですもん、大なり小なり、失敗もあるし、
それをごまかしたくて嘘もつくし、
かっこつけたくてでかいこと言ったりしますよ。

たとえば、仕事を頼まれたけど、実は旧友の結婚祝い会で出なければならないとき。
かる〜く、「あ。別の仕事があるんで!」っていいます。
そこを馬鹿正直に「友達との約束が」なんて言ったら、
言われたほうも、「何ふざけてんだろこの人?」って思うじゃないですか。

正直に言えばすべていいのか?っていうと、そうでもないと思うのね。社会人としては。

そういうさ、小さな嘘も、
もしかしたら、私を疑ってかかってる人から見れば、
「また!嘘ついたっ!ほらこの人は信用できない!」ってなっちゃうかもね。
どんな事情があるかも知らずにね。

つまりは、疑ったり、不信に思うのは、
そもそもそういう「仮定」があるから、「証拠」が出てくるんです。
そして、その仮定をもとに、自分でもっともらしいストーリーを組み立てちゃうの。

「この人は、私を裏切って、ほかの子とデートしてる信用のならない人」という具合に。

でも、実際は?
さあ?

分かりません。
だましてたかどうか。本当に裏切ってるのかどうか。
そればっかりは本人が墓場まで持って行くから分かりません。
もしかしたら心揺れていたのは事実かも。
でも、そのあと黙ってればすぐに気づいて戻ってくるつもりだったかも。

はたまたそもそも、単に友達として接していて向こうに迫られてるだけだったかも。

本気で浮気をしているのかも。二股を平気でかける男かも。

そのどれかは、本人しか分からないし、
最後に自分が相手から表明されない限り、表には出ることがない。

そして、

疑っても疑ってなくても、
その時間は等しく自分の上を流れると言うことです。

悶々と苦しく暮らすのも、気づかずに愛情いっぱい信じて暮らすのと、
最後に別れるときが来るまでは同じです。
極端な話、向こうが別れたいって言ったとき初めて浮気が分かるのと、
ずーっと疑って悲しんで苦しんだ末やっぱり振られるのと、
どっちがいい?
しかも、おそらくは、
苦しんでいる、疑っている後者の場合のほうが別れにずっと近いとしたら?

それでも疑うほうを選ぶでしょうか。

疑うことで、だまされたと知った時の悔しさを軽減させようとする人がいます。
もしくは、過去に負った傷のせいで、
どうしても誰でも、疑ってかかってしまう人もいます。

でも、そういう行為が、疑いをどんどん増やしているのだと知ったほうがいい。

疑うから、疑わしいものが見えてくる。
疑ってなければ、そんなものは見えない。

だけど、それではひどい男を信じている人もそのままだまされていればいいのか?と。
そうは言いません。
私が再三思うのは、

人の行動を一つ一つ疑うのではなく、
その人そのものを信じられるかどうか考える、ということです。

人間として信用できる人なのか。
それとも、男としては魅力的でも、人間としてだらしないとか、信用できないとか、一貫性がないとか、そういう部分があるなら、そういう人を信用しない。

ただそれだけの法則を頭に入れておけばいい。
そう思う。

こんな時代ですから、いろんな情報を探って、
その人を、情報の証拠で固めて理解しようとする人が多いです。
でも、ブログや携帯メールや、それこそつぶやきなんかで、
人間の本質など見えない。
それはその人の断片でしかない。

そうではなくて、その人とかかわったときに分かる、得られる情報のほうが、はるかに有益だと思う。

生身の人間と関わった時に得られる情報量は、はんぱない。
たぶん、Hした時なんかは、ものすごいたくさんの情報が体内に入ってくる感じがする。
どんな人かが一発で分かると言うか。(あ、下品な意味でなく!)(爆)

何を信じるかは、自分次第。
それに苦しむのも、幸福を感じるのも自分次第。

私は、自分が疑っていた間は彼氏はまったく浮気しておらず、
別れたとたん、ほかの女子とかる〜くHして来たよ、って言われたことがある。
「お前は疑ってたから、何を言っても無駄だと思った。」
「でも実際は、浮気なんか簡単にできるんだけどしなかったんだ」って。

馬鹿ですね。
それでもまだ学習しない私は、そのあとも、
彼氏に「浮気してるんじゃない?」って何かと言い続けて、末に、本当に浮気されて別れてるんです。
(;´Д`)

そこで初めて気づいた。

自分が恐れていることは、その通りになるし、
そういうことを考えない間は、幸せに暮らせるって。
疑うようなことを目にしたら、そっちに頭が行くから、
疑うタネを自分で作らないようにしようって。

たとえば、携帯とか見たことないんです。私。
一回も。誰のも。
それって、どうせ、どんなものが出てきても、不安になるからなの。
女の子の名前と、親しげなやりとりが出てきただけで、疑うでしょ。
でも、男子は、いつでもほら、モテたい病だから。
だれだって、ちょっとだったらいいかな?って浮気心がむくむくする。
そんで、色よいことでも返して、恋愛ごっこを楽しむ。
もしくはちょっとだけドキドキを楽しむ、アバンチュールを楽しむ。
でもそれと、彼らの本命は、別物だから。

向こうが隠す気もなくして堂々と浮気してるなら別です。
その場合は私だって別れると思うけど。
そうでなく、隠れてこそこそ一生懸命モテて、でもやっぱりこっちがいいや〜ってそそsくさ戻って来て「かまってかまって」とやってる間は、見て見ぬふりしたほうがいいし、
そうでもしないとやってらんなくなっちゃうでしょ!(笑

ほんとに男子の欲望は、低次元だし。

よく男友達が、
「女の子はムスメっていわないだろ?でも男にとってはムスコ。」
「なぜなら、自分の理性が効かない別人格だから!」って言うんだけど(;´Д`)

その感覚は女子にはまーーーったく分からんのだが!!!

でも言わんとすることは、分かる。

本命を大事にする、守りたい、取っておきたい気持ちと、
ほかについふらふら出かけていきたい気分になる、
モテ気分を味わいたくなるのは、両立しちゃうのよね。

で、大事なのは、
そこで、その男が人間としてどうか?ってことなのよ。戻るけど。

もしも彼女がいるのにほかの女と二股平気でかけるようなら、その男はやめたほうがいい。
絶対モラルと言うか、人間性の部分で何かが欠け落ちているから。
それは女の側にも言えるのよ。

自分がつきあってるひとを傷つけて平気な人は、
裏切っているのに気にしない人は、
どこかが抜け落ちてるの。信用できない。

普通だったら、ちょっと間違いがあっても、「やばい!」って思って引きかえすなり、
苦しんだり悩んだりするものでしょうが、
そもそもそういう状況でも続けてしまう鈍感な人と言うのはいてさ。
そういう人は危険だから、あまり近づかないように!と言いたい。

その辺は、人間としてその人がどうかという面と、
女にだらしない男かと言う面と、両方あるかもね。
人として魅力的でも女にだらしない男もいるしなぁ。

(;´Д`)

でも、女にだらしない魅力的な男でさえ、
これと決めた女とは結婚するじゃない。浮気はするけど。(爆)
その辺は、坂本龍馬じゃないですが、w
こっちの胸一つですよね。
こんないい男で、魅力的な男が私を一番と選んだことを誇りに思うわよ!って気迫?

私の知る限り、
魅力的で女にだらしない男は、結局奥さんに戻ってますし、
その奥さんはとっても気丈な方である場合が多い。さすが!っつうかね。

その辺の肝の入り方は見習いたい。

つまりだ。そこまでその男を愛しぬく覚悟があるなら、
その男の女癖も容認すりゃいいし、
そこまでの器じゃないせこい浮気男なら、別れちゃえばいいし。
そうでもなく、単に自分が疑いの虜になってるとしたら、
まずは疑うためのツールを全部放棄して。
情報を入れない、そして、今一度彼と自分との関係を強固にする、
よいものにする努力をしてはどうかと。

男は、本命とうまくいってりゃ、浮気する必要ない場合がほとんど!ですから。
なにかしらこっちの変な態度、冷たい態度が、彼をよそに向かせているのかもしれないよ。
別れたくないならさ。
本当に彼を好きなら、
自分で自分を疑う地獄に入れない、そこから救ってあげよう。

そして、携帯は見ない!!!!!
これは絶対法則です。
幸せでいたければ、男の携帯は見ないことをおススメします!!!!
うまく行かないのはなぜ | comments(18) | -

忙しい男は、様子を窺わないように!のヒミツ

 こんにちは。ずーっとブログを更新したくてうずうずしてたんですが、
ここんとこブログ開始以来の忙しさでして。
つうかそもそも留学前の暇な時期に始めたブログだっただけで、
普通に戻っただけなんだけどね。(;´Д`)

さて今日はそんな状況の私から、
周りの男子を観察する、
忙しい男シリーズ最新作!でございます。(爆)

なにしろ、最近いっしょに仕事してる男性陣がそろいもそろって壊れて来ちゃって、
ただもうひたすら笑い続ける若者とか、
鬱だ!宣言しちゃうおにーさまとか、
机に突っ伏して寝てる姿ばかり見るイケメンとか(もったいない!)

ここは地獄の1丁目?みたいな有様なんですよ。
うちってブラック会社だっけ??_| ̄|○

そんな男子達を見てると、
いま彼らに「彼女に電話しなよ」とか「奥さん心配してるよ」なんて口が裂けても言えません。

ただただ、「早く嵐が過ぎるといいねえ。」「帰って寝れたらうれしいね」としか言えません。
「もうすぐだよ!」とかね。(何がだ)

でも待ってる女子たち、彼らを好きな女の子たちは、さぞかし絶望感に打ちひしがれてるんでしょうね。「私のことなんかどうでもいいんだ・・・」とか思ってるんでしょうね。
そうですよ!今の今、彼らは彼女のことや、気になる女子のことや、グレー期間の女子のこと、
恋愛のことなんか、どーでもいいんです!!!
すみません。私が代わりに謝っとく。

でも、これも言っておくが、
彼らにほとんど余裕何ぞないので、
浮気もしてないから。そこんとこ変に勘ぐらないように!!!

で、ここまではいつも話ししてる話ですが、
最近思ったこと。

忙しい男、に対する理解はできた!
そうか彼らは忙しいのね。
大変なんだから、私が我慢しなきゃ。
彼が暇になるまで。
暇になったかしら?
いつでも私合わせるから!待ってるから!

まだかしら?
そろそろ終わったかしら。
ちょっと様子をうかがってみよう。
忙しい?
いま余裕はどれくらい??

はい、こんな感じで。
優しい人ほど。理解があって、頭がよくて、自分を律する人ほど、
大真面目に彼の状況を理解して、
自分の不満を飲みこんで、
じっと彼を待ってしまう。
そして彼の様子をうかがって、
彼の負担にならないようにしようと「努力」する。

でも待ったーーーーー!!!!

ちょい待ち。

ここで大きな落とし穴があるんだ。

いやたしかに私はしょっちゅう忙しい男に理解を!愛の手を!
と言ってるが、
これまで一度も、

「我慢しろ」

と言った覚えはないんだよね。

我慢はどんな恋愛でも、恋を濁らせる原因になる。
自分だけが一方的に我慢して、苦しんで、それで成立する恋などろくな恋じゃない。

ではなくて。

忙しい男には、自分も忙しくして対抗せよ!
我慢はしない。
苦しさが募るなら、それは無理だから、断ち切る勇気を持つべし!

と。それが私の意見です。

何がどうであれ、
相手が首相だろうが大統領だろうが、
我慢しなきゃいけない恋愛などないのだ!

それでは彼も、結局誰かを不幸にしていることに重圧を感じるの。
どんなに上手に隠しても、不満はどこかにこびりつく。何かの拍子に噴出する。

だから、我慢しないでほしいのです。
我慢ではなく、発想をごそっと変えて、
「会わなくても気にしない」「彼を信じて幸せに暮らせる」
そんな女子を目指してほしい。
そう言う女子にしか、真の意味で、忙しい男との幸せな未来はない。
これだけは断言できる。

そんでもって、
忙しい男をうかがうな!というのは。

忙しい男子は、基本仕事で忙しいのです。
仕事では、
目上の立場の人、権力のある人ほど、スケジュールを自由にできる「権利」を持ってます。
目下の人間は、上の人間に合わせるようになってるの。
だから、そんな忙しい毎日の中で、
上司のスケジュールや、クライアントのスケジュールに振り回され、尊重せざるをえない彼氏に、
へんに下手に出ると、どうなるか。

この子のスケジュールは後回しでもいい!

って無意識に思う可能性があるってことだ。

もちろん、ちゃんとした人間ならそんな無体なことは思わないと思うんですが。
ただあまりの異常事態の人間だと、
心のどこかで、変な優先順位ができてしまって、
「私はいつでも待ってる。暇になったら言って??」みたいな態度の彼女を、
自然と後回しにする奴が出てきても不思議じゃない。

もちろん、甘えてるんですけどね。(;´Д`)

じゃぁどうすりゃいいのさ?

私が思うに、
大変微妙なバランスなんですが、

「変に下手に出ない。」「窺うような態度は取らない」
かつ、
「自分の生活を大事にして」「彼とのスケジュールの接点ができたら喜ぶようにする」。

これでいいと思うのです。

何も忙しい彼に全部合わせることはない。
もちろん、やさしい気持ちで合わせてあげるのも大事ですが、
だからと言って、何から何までおかんのように、
彼に合わせて彼のしもべになっちゃダメ。
むしろ、彼が忙しくなくなったときに、
真っ先にスケジュールの予約が入らないと。

もちろんこっちから誘うなってことではないですよ。
むしろ、我慢するくらいなら彼に会いに行くのもありです。
仕事の邪魔にならないレベルでね。
大事なのは、

「彼が時間ができたから会ってくれた」って態度ではなく、
「私が会いたいときに彼も時間をつくってくれた」って態度。

微妙な差だけど、態度に出る部分が全然違うのだ。

とにかく、つねに、自分自信に対する尊厳だけは忘れないように。
彼をきちんと理解して、彼を信じていれば、
むやみに彼に対して探るような態度に出ないはずなのよ。本来は。

「も〜忙しくてしょうがないなぁ。こんなかわいい彼女ほっておいて!ぷんぷん!」って。
なんなら口に出して言ってみて。だいぶ気分が切り替わるよ。

つねに相手に制空権を握られないこと。
自分がコントロールしている感覚を持って。
忙しいから連絡ができないのは彼のペナルティであって、
あなたが悪いことは何一つないの。
(その前にメールなんかでうるさくしてるのでないならね!)←ここ大事

相手に愛されてないかも・・と自信を失うと、
女子はどんどんどんどん果てしなく自信を失って、その分彼氏を
卑屈な態度で窺うようになっちゃうんですが。
その態度が余計彼からの「ほっとき」度を加速させてるんだからね。

彼にとっての上得意と言う立場なら、
仕事の合間に連絡もできるはずなの。
彼にとっての大事な人になりましょ。

そのために、ぎゃーぎゃー泣くのでなく、
彼の理想の彼女でいて、
忙しい彼に対して自分の生活も充実して、会えないことも本気で気にしない人で、
しかも、彼の不義理にはキチッと注意ができる。

何より
自分を大事にしている女性。

そういう女性こそが忙しい男でも大事にする女性だと思います。
いいですか?
忙しい男と言っても、
大事だと思えばいくらでも気は遣うものなのよ。

あ、ちなみに私も昔、
彼氏が仕事でデートに2時間遅刻してきたとき、
ものすごい理詰めで注意しました。
遅れたことではなく、仕事だってことではなく、
遅れることを事前に連絡できずに私を待たせたことについて。
連絡さえしてくれれば私はもっと有意義に時間が使えた時はずでしょ?って。

それ以降、彼は反省して、逐一事前連絡するようになったし、
ものすごく謝ってくれるようになりました。(;´Д`)

大事なのは、まず自分自身が、
自分の時間を大事と思うかどうかなんだと思います。

私は今でもものすごく自分の時間がすごーーーーい大事。
こうしてブログを書いている時間も、
寝る時間を割いて書いてるわけだしね。
この時間が私にとっていかに大事かという話ですよ。

あーーーーもう2時半だ。
あと数時間でまた出社か。とほほ
忙しい男 | comments(15) | -

さびしくない時代?

 いや〜・・そもそも仕事上知ってないとまずいからと始めたTwitterに、見事にハマり(爆)、
ほとんどつねにチェックしてるついったら〜になってしまいました部長です。こんにちは。
何が面白いって、

自分がいかになんも知らないかを思い知る。

ということですね。_| ̄|○
ほんと、この世のみなさんは、とってもいろんなことを知っていて、
興味を持って、行動して、生き生きと暮らしているんだな~と思うと、
すごく刺激を受けるし、また、
自分が好きなものを追求していくべし!と勇気も湧いてきます。
っていうより、最近は、TVをほとんど見なくなっちゃったんで、
久しぶりに「みんなが噂してるもの」を共有できて、すっかり有頂天!という気もする・・・(;´Д`)


さて。

そんなこんなで自分自身に対する戒めもあるかもだけど、
本当に、この急激なメディア環境の変化。コミュニケーションの変化。
によって、恋愛の形も変わって行ってるよな〜って。

その昔、
「一人暮らしをしている女子のほうが彼氏ができやすい、
なぜなら、一人でいると寂しさがリアルで、誰かといっしょにいたい!!!と切実に思うから」
ということが言われていて。
同じ理由で、「独身女子はペットを飼うな!」とも言われたもんです。

人間が、他人を本気で求めるには、
やはり、ある程度の孤独と、そこから抜け出したいと言う強い思い、が必要なのではないかと思う。

人間て、なんだかんだ言っても、とっても本能に忠実な、動物で。
何か物理的な作用に心理が影響されるし、
それによって恋しやすい状態にもなるんだと思う。

だとすると。

今の時代、
実は、非常に恋に落ちにくい時代なのかもしれない…と思う。

もちろん、全部が全部ソーシャルメディアを使いこなしてるわけではないし、
メールなんか嫌いって人もいるでしょう。

でも、大半の人が、
少なくともメールで、携帯で、SNSで、2ちゃんで、ブログで、twitterで。

誰かと、つねに、つながっていられる。
さびしくない。
そこに、常時だれかがいて、
しかも自分が好ましいと思える人だけに囲まれて、楽しくコミュニケーションしていられる。

その時に、
生身の人間と、あれやこれや衝突を繰り返しながら、
「付き合う」という行為を、本当に大事だと思えるのかな?はて?
と思う。
だから、なんかタルイってだけで、恋愛関係を簡単に終わりにする人たちが増えてるのかな~って。

私は、そうはいっても、多感なころを、コンピューターなし、携帯なしで過ごしましたので。
人間とは一対一、会って、話して、やりとりすることがとっても大事って知ってるけど。
そして、人間と関わることでしか、成長できないんだとか、
恋とは、そういう、エゴとエゴのぶつかり合いで、
生っぽく、ドロドロして、でも、だからこそ素晴らしいんだ!って、分かるけどさ。

だんだん、そういう発想自体が古い・・と言われるようになるのかな?と。

でも、

どんなに技術が進歩しても、
私はやっぱり、
相手がそこにいて、その人の人生や、感じることや、考えを、
受け取って、自分のそれとの違いにびっくりしたりしながら、
それでも寄り添って、相手を理解しようと努力する、
この恋愛というものが、
何にも代えがたいものだと思うので。

技術に、想いが、振り回されませんように、と思う。

いやむしろ、それぞれの特性を理解して、それを利用するようにならなきゃ!って思う。
メールに振り回されるんじゃなくて、
メールを振り回せ!(爆)
SNSのコメントに一喜一憂するんじゃなくて、
それを制御しろ。

こんな、誰しも自分のいっしゅんの感情の発露が、
文字になって表に出てしまう、恐ろしい時代だからこそ、
それを逆手にとって、相手の心を動かす手もあるのかもしれない、と。

でも、大事なのは、

メールも、WEB上のオフィシャルのコメントも、
それは本人ではなく、
本人が「見せたい人間像」であるということです。
本物は、会ってみないと分からないし、
話し、やりとりし、ぶつかることでしか、
本当の気持ちは分からないんだから。

分からないもの、虚像を相手に、落ち込んだり、神経質になったりしないことだと。

言うのは簡単だけど、気になるよね。
でも、マジで。
それは、彼の創作だ!とでも思えばよろし。

実際、メールで社内ナンパを繰り返してた男性に会ってみたら、
まったくキャラクターがネット上と別人だった!ってこともあるしね。
ある意味、ネット上の人格は、
その人がこうありたい、という人格なんじゃないかなぁ。

私も、皆さんが思ってくれるより、たぶんずーーーーーっと、
平凡な会社員ですし。(ってバレてる気もするが)(;´Д`)

いやいや、それにしても、恋愛には不利な時代になったもんですね。

恋愛全般 | comments(8) | -

流れを曲げない

 Jwaveは大幅カットだったみたいで、結局流れませんでしたね。な〜んだ。
緊張して損したよ!(爆)

さて、今日のバレンタイン、どうでしたか?
っていうか、私自身、彼氏がいないときはバレンタインて
とくになんとも思わないんだけど、
女子の皆さんがすごい気合い入れてると知ったので振ってみる。(;´Д`)

まぁ、別に、今日何か進展しなきゃ二度とチャンスが来ないわけじゃないし。
うまくいかなかった人、チョコレート渡せなかった人も。とくにカリカリしないで。
あったかくして早く寝よう!!!(というお前が寝ろと)

で、今日は、うまく行ってない人に贈るお話。

私、前から不思議だったのだけど、
同じ私なのに、
ある人の前では緊張してうまくしゃべれないのに、
ある人の前ではすごくかわいくなれたり。
意地悪な言い方したくなる人がいるかと思えば、
どうにも甘えたくなる人もいる。

人によって、自分の出方がずいぶん変わるなーって。
で、話は合うけど、歯車がうまくかみ合わない人と言うのもいて。

な〜んか、うまくタイミングが合わない。
好きかも・・と思った時には相手には彼女ができたり。
なんだか進みそうで進まない。そういう関係。

ありません?

そういうのね、無理になんとかしたくなるよね。
ぎくしゃくする人だけど、気になるから、もっと近づきたいとかさ。
かわいく素直になれないけど、素直にならなきゃ!とかさ。
相手が独立した女を求めてるから、そう変わらなきゃ!とか。

そういう努力がさ、
自分を磨いてくれるのならいい。
これぞ恋愛の醍醐味。
相手に好かれたい、という、何よりも強いパワーで、人はえいって、
素敵な自分に変われたりするからね。
それこそまさに、恋愛してよかった〜って思うこと。


でも、

それが、どうがんばってもうまく行かなくて、
自分は精いっぱいやってるのに、彼には伝わらなかったり、
逆効果でかえってうまくいかなくなっちゃって、
もう自分らしさすらよく分からない・・って途方にくれたり。

そういうときは、こう考えて見てはどうかとおもう。


流れを無理に変えようとするからつらいのだ。


別に、あなたが悪いわけでも相手が悪いわけでもない。
無理矢理、自分の思い通りに、流れを変えようとするから、大変なの。
それはまるで、でっかい川の流れを、自分ひとりでシャベルかなんかで
せっせと変えようとするようなもの。

うまくいくときって、本当に、みんな言うと思うけど、
すべてが味方してくれて、
まるでころころと石が転がりだすように、
うまくいくものなんだよね。

その人の前では、自分らしくいられて、かわいくいられて。
素直に甘えられて。
無理しなくても女の子らしい気持ちがあふれてくる。
彼の好みって・・?なんて心配する必要もない。

むしろ、自分を抑えて、彼好みの女を演じていれば、
すぐに無理が来て、自分からやんなっちゃうと思う。
(私は昔よくそれをやらかしてました)(;´Д`)

つまり、

どっちにせよ、うまくいかないときは、そういうもんだ、と
流れだけを見るしかない。
そのまま絶望してろってことではなくて、

もっと注意深く、
流れを見ること。

流れを変えるのではなく、
流れが変わった時を逃さないように、注意深く見ること。

時間とはすごい力を持ってます。
高さに位置エネルギーがあるなら、
時間にも時間エネルギーがあるんかいな?ちゅうもんです。

時間が過ぎる間に、
自分が自然に変わることもあるし、
相手が変わることもある。
2人を取り巻く状況が変わることもある。
それを、絶望するのではなく、ただ時期を待って、
2人の関係を、注意深く見る。
そして、無理に流れを自分に引き寄せようとしないこと。

流れが変わったら、そこに飛び乗ればいい。

神様の言う通り、とよく言ってるけど。

神様が、「ほら、ここで乗りな」って指し示してくれたときに、
ほいっと乗れるか、乗れないか。
恋愛でうまくいくかどうか、はその「ここ」が分かった人だけなんですよ。
恋愛に達人などいなくて、
ただうまくいって幸せになった人というのは、

正しいときに、正しい人と、正しい出会い方をしている。

それだけ。

ただそれが正しい相手で正しいタイミングだったから、
まるで自分がすごく達人になったように思えるだけなの。

巷にあふれる自称・恋の達人だって、
どんな人でもうまくいくか?行かないよ!!!
絶対彼女たちもそう言うと思います。

どんな人でも口説けるんではなくて、
どんな人でも、勝機が読める、だけ。
正しいときに、正しいアプローチをする、
それだけです。

その人が特別すごいわけじゃないの。
ちょっと人とものの見方が違うだけなんだと思う。

つまり、

あきらかに無理なものを、もしくは状況が困難なときに、
無理矢理曲げて何とかしようとしない。
そういうときに、ふっと引いて、
流れの様子を見れること。
感情的にならず、絶望的にならず、
「何が原因で、いまどういう方向に流れがあるのか」「彼がどんな心境なのか」
が、冷静に推測できること。

そして、それに基づいて、
自分の感情をコントロールできること。

って書くと、すごい自制心が必要?!
なんか大変そう、つらそう!
もうこれ以上は無理!!!

って思うかもしれないけど、
逆逆。(笑)

流れを無理に変えるのをよそうって考えると、
急に楽になるんです。

今自分が、どんなにじたばたしても、
流れが自分に反している間は、何をしても無駄。
逆効果。ただ自分がどんどん自信を失って、傷が増えて、
しかも彼から引かれるだけ。

そう考えれば、変な努力をやめて、
まずは流れに身を任せてみる。
次に流れがこっちに来た時を、すかさず抑えれば良くて。
そのチャンスがまた来るまで、
様子を見ていればいい。

ただ指をくわえて待つのでもなく、

流れが自分に来るように、
自分がいい状態に、変わるように、努力する。

そう、

流れは変えられないし、
相手は変えられません。
でも、あなたは、
あなたを変えることができる。

これが恋愛においてはとっても大事なことなの。

自分が変わることで、
流れも、相手も、変わってくれることがあるから。

この考え方が身につくと、すごくうまくいく率が上がります。
合わない相手に、いつまでも執着しなくなります。
何かあっても、「今だけの流れだ」「そのうちまた流れが来る」
「うまくいく人とは、うまくいくときがきっと来る」
と思える。

そうでないなら、
いくら自分で無理して曲げても、
終わってしまうもの。
そういう運命だったのだよ。
誰が努力しても、
どんなふうにうまくやろうと、

だめになるときはだめになる。

だからさ、

うまくいかないものを、
縦の物を横にしようと苦しまないで。
まずは様子を見ましょうよ。
合わないものを無理に合うように当てはめようとしないで、
どうにもうまくいかないものは、まず可能性の中から、捨てましょう。
好きな人フォルダーにでも入れて、
そのガチガチの執着を解きましょう。

楽になったほうが、明らかに女性はかわいく、魅力的になれるから。
苦しんで、悩んで、一生懸命努力しても、
恋愛では報われないもの。
むしろ、何も考えてないで、
自分のことだけ楽しんでる素直な女の子のほうが、するっとうまくいく。

自分の相手選びも、今好きだと思いこんでる人も、
執着が解けずにいる男も、思い通りにならないで憎らしい男も、すべて、

一度一歩引いてみて。
流れの様子を見ましょう。
悔しいとか、悲しいとか、感情をいったんすべて置いておいて。
執着は、あなたを醜くするばかりです。
大好きな彼を遠ざけて、
流れを一層遠ざけてしまうから。

流れは、曲げない。
ただ流れが自分のほうに来るのを待つ。
そして、流れが来たら、迷わず乗る。

この発想で、
苦しみから抜け出してほしいなと思います。
自分さえ気づけば、
みんな幸せになれるんだからさ。

自分の、力で。
彼とうまく付き合ってくには | comments(14) | -

今年のバレンタイン、どうするか

 さて、うっかりしていましたが(うっかりしすぎ)
今週バレンタインだね!
すみません〜さすがに今年はバレンタインはスルーの部長です。

だって日曜だもん。

毎年、バレンタインにはお世話になってる男子にチョコレートを配るんですが、
基本、その日が休みだったら、
スルーさせていただくことにしてます。です。
ま、土曜なら金曜にあげるかもしれないけど、、
日曜じゃなぁ。

さて、バレンタインデー、付き合ってる人がいる人はめいっぱい利用して
楽しいデートしてくださいね〜
なんでも男子は、彼女の手づくりは、
とにかくじ〜んとするらしいので、
(「オレのためにわざわざ!!!」というその「わざわざ感」がすっごくうれしいんだって)
これからでも遅くないので、高額チョコレートではなく、手作りをおススメ。
昨日男友達とバレンタインデー話をしてたら、
彼も、ものすごく力説してましたよ(笑)

でも、もちろん、義理だと分かってるとしらけるのも男子らしく、
その他大勢の一人として手作りあげても、
そこまで喜ばれません。
去年私が証明済み(爆)
何でもかんでも手作りだといいわけではなく、
「オレのために」という部分が大事のようですね。

義理と分かってる場合は、市販で美味しいの、
本命としてあげるなら手作り、ということでしょうか。

さて、付き合ってる人がいる場合も、
今年、会えない予定である場合。
別にそんなに気にやまないほうがいいと思います。
男性にとっては、バレンタインデーをそんなに重視してない人も多いですし。
彼女が力んでるほど彼氏のほうはなんとも思ってない場合が多い気がします。
まぁ去年(か一昨年?)も言いましたが、

バレンタインデーは、女子の自己満足イベント!

と割り切って、あまり相手の対応に一喜一憂しないほうがいいですよ。
むしろ、バレンタインデーは、自分の戦略に利用する。
それくらいの気分でいないとね。
振り回されちゃいけません。
たかが一日。
それも、男子から見たら、
「好きでもない甘いものをもったいつけて渡される、不思議な日」

特に、片思いの皆さん。

この日に告白!とか思ってないでしょうね?(笑)

チョコレートを渡すのは構わないけど、
あくまでも、「本命かどっちか、最終判断は分からない・・」くらいにしたほうがいいですよ。

「はい、チョコレート。美味しいの探すの苦労したんだぞ!」くらいでいいんじゃないかな。

変に、「実は義理ではありません」とか言わないほうがいいと思います。
(ついさっきmixiニュースでそんなようなアドバイス読んだばっかだけどさ)(;´Д`)

少し相手の目を見つめて、
上記のセリフを言うだけで、
男子的には、「あ・・もしかしてこれ本命チョコ?!」って勝手に妄想するしねえ。
そのドキ!っとさせ感がバレンタインデーの上手な使い方かなぁと思います。

義理にかこつけて渡しちゃおう!と思ってる方がいたら。
それはそれで止めませんし、
男子は義理でもうれしいものらしいので、渡せる機会があるなら渡すのもありです。
でも、相手から義理以上のリアクションをもらおうと期待しないこと。

どーも、いろんな恋愛指南本を読んでか、知識ある人ほど、
「好きな子にチョコもらってこの反応ってのはないよね?!」「彼は私なんか圏外?!」って
勝手に気をもむ可能性もあります。

でもね。

義理チョコかな?と男子が判断したなら、
それに過剰反応しないように、勘違いして恥かかないように、
平静を装う男性はけっこういると思うのです。
だから、あまり表面上の反応にあわあわしないことです。
義理っぽく渡すなら、義理に徹して。
相手の反応も気にしない。

と書くと、
「じゃやっぱり、本命チョコです!って渡したほうがよくないか?!」と思うと思いますが、
チョコレートを使おうが使うまいが、
告白は告白。
しないに越したことはない。
これは私の意見ですが。

とにかく、いくら2人の距離が縮まらなくてイライラしていようが、
相手が草食で食いついてこないから・・とか、
あれやこれや考えても、
所詮それは自分の都合です。自分スケジュール。
それを無理に押しとおさないで、
相手を見ながら、柔軟に対応する。

すべては今現在の相手との距離感の問題。

もしも相手がほとんど掌中に入りかけていて、
デートも何回も誘われてて、あとひと押し!の関係なら、
「日曜デートしない?」って誘ってチョコレートをあげるのはすごく有効。
もし手作りだったりしたら、あげただけで彼は、「これは行ける!!!!」って
心でガッツポーズでしょうね。w

でも、相手が受け身状態で、
デートもそんなにしたことない間柄なら、
この日は残念ですが、スルーしたほうが安全。

同じ、付き合う前の関係でも、状況に応じて、
バレンタインを使うか使わないかの判断が分かれると思うのです。

バレンタインだろうがなかろうが。
大事な基本は、
相手の状況を読む。
相手のテンションを推し量ること。

ここに書いた以外の状況もいろいろあると思いますが、
それぞれ、最適と思える戦略を練ってくださいね。
皆さんのバレンタインが素敵なものになりますように♪
恋愛全般 | comments(2) | -

我慢する前に言っとけ

 私もあれやこりゃ書いてるせいで、だんだんみんな、
「部長はこうするなって言った!」とか「これは反しているぞ!」とか
思うみたいですが、
あの〜そんなにぎっちぎちに考えんでもいいと思いますよ!
そもそも恋愛なんて、その時々で対応を変えてしかるべきですしね。
そもそも「こうせねばならぬ」とか、「こういう風に対応するべき」とか
そんなルールはあんましなくて、
あるのは、

「こういう風にかんがえると楽」とか、
「こういう風にふるまうと、素敵に見える」とか、
「こういう風に言えばこうなっちゃう」
という事実があるだけですから。

あとは自分の気持ちを、どこに置くか。
すべては、恋愛コンディションをよくして、
うまくいくような「確率を上げる」、「失敗する確率を下げる」だけですから。

最後は自分の直感だとおもうしね。

それに、ここは誤解しないでほしいんですが、

「忙しい男には、苦しくてもそれを出すな」とか、
「我慢すべし、それを伝えないようにすべし」とか、

そんな風に考え込むと、逆に苦しくなっちゃうから、
そういう事態だけはむしろ避けて!!!と言いたい。

自分の身の丈に合ってない発想を、無理して続けると、
結局はどこかで破たんしちゃうしね。
それよりは、自然に、そう思えるようになったほうがいいし、
気にならなくなったり、自分自身が楽になったり、
楽しい気持ちになれたりするのが一番大事。

それに、苦しいときは、苦しいものだから、
それを見ないふりしないで、
「うお〜〜〜〜〜苦しい〜〜〜〜〜すきだ〜〜〜〜〜」と
泣いたり叫んだりしていいんじゃない?
(友達にね)
と思う。

いつまでたっても叫んでちゃあれだけど、
一度思い切ってうお〜〜〜〜っっと気持ちをはきだしたり、
だーだー泣いて、引きこもったりすれば、
逆に泣き疲れてすっきり!!!
あれ?なんでそんな苦しかったんだっけ??
ってなることもある。
(ならないこともあるけど)_| ̄|○

人間、苦しいとか悩ましい、つらい、憎い、という感情を、
自分の中に閉じ込めて、忘れようとするとかえって抱えこんでしまう気がする。
たとえば、私はとっても気にし屋さんで、
他人がうらやましい病なんですが、(爆)

なるべく、うらやましい人を見っけたら、
「おおおうらやましい!!!!!」と言うことにしてます。本人に。(笑)

「結婚決まったんだーーーーいいなーーーーー」とか、
「彼氏いい人だね〜〜〜〜うらやまし〜〜〜〜」とか、
「仕事もできて美人だなんて代わりた〜〜〜〜い」とかね。

そうすることで、自分の中のうらやましい妬ましいというネガ感情が、
表に出て、空気に触れて、一気に蒸発する気がする。

憎らしい、悔しい、という気持ちや、嫉妬も、
もちろん伝えちゃいけない彼氏本人に言うのではなく、
仲良い友達とかに、
「ああああどうしよもなく憎らしい!!!!」とか、言ってみる。
もちろん悪口にならないように、
「好きだからこそなのよね〜〜〜〜うが〜〜〜〜」と素直にね。

そう、変な感情はため込まないことですよ。
上手に逃がす場所を作ってあげることで、
そこでは、ひねくれないで素直になる。

もし人間性を疑うようなことでなければ、
そして彼氏が死ぬほど忙しくないなら(ここが大事)
彼氏に言うのもありでしょうね。

「連絡ないからも〜心配しちゃったよ〜〜」
ってね。

へんに計算したり、いい子に見せようとするあまり、
なんだかひねくれたいいかたしたり、卑屈になるくらいなら。
我慢しすぎて何言っていいかわからなくなっちゃう前に。
不満は、マグマに変わる前、
かわいく言えるうちに、
素直にぽろっとこぼしておく。
相手を責めるんでなくね。

どうも、考えすぎると人間不自然な動きになったりもするものですから。
その辺、考えすぎかな〜?と思ったら、
「考え酔い」しそうになったら、
考えをシンプルに。
相手の目線に立ち戻って、どう言ったら彼の心が動くか考えながら、
上手に自分の気持ちをリリースする。

そういうときに、有効なのは、
ユーモアセンスだったり、やさしい気配りだったりします。

そういうのを忘れなければ、
きっと相手も、こちらの気持ちを受け取ってくれると思うのです。

とにかく、無理するな。

それを言いたい。

恋に過度な無理は禁物。
多少の無理が楽しいのは、緊張感だから素敵なことですが。
あんまり無理が祟って苦しさが募るなら、
それよりは気持ちが良くなる方法を考える。
まずは自分のコンディション。
恋愛コンディションを上げて行けば、
必ず、見えなかった相手の気持ちや、相手の真実も見えてくるから。


私も、最近男友達(昔口説いてきた)に彼女ができて、
そのツーショットをバンバンfacebookで見て、
「う〜む、ちょっと妬けるな。」とモヤモヤ思ってたので、
彼からの定期便メールにこう返しました。

「彼女できたんだってね。よかったね!ちょっと妬ける。でもあなたが幸せなのを見るのはうれしいよ!」って。

そしたら、彼から、
「ありがとう!妬くなよ〜。俺も君に彼氏できたら妬くよ。」
だって。

それだけで一気に気分が楽になりました。
案外簡単なことだな~と。

これ、気にしないそぶりで、彼女の存在に触れないほうが大人だよな~
って思ったんだけど、
それよりは自分が楽になる方法を選んでしまいました。たはは(;´Д`)

ほんと、「私って、ほんと独占欲つよ〜」「心せま〜」と、
自分突っ込みしちゃったよ。そういうとこは根っこから女子です。

ま、私はあんまりできた人間ではないので、
真似しないほうがいいと思いますが、
とにかく、時には、
自分の苦しい気持ちを、苦しいものとして、
無視しないで、
「さあて、この苦しいのをどう料理すっか?」と腕まくりしてみてはどうでしょう。
客観視するだけでもずいぶんそのスパイラルから抜け出せたりするもんですよ。
彼とうまく付き合ってくには | comments(6) | -

幸せの天井

 どーっもすみません!
完全につぶやきに逃げておりました。_| ̄|○
いかん、twitter危険すぎ。

さて、気を取り直し、
今日はさくっと、

人間に幸せの天井はない、っちゅう話。

私自身、よく人から言われますが、
「あんたは恵まれてんね〜」「幸せそうだよね〜」って。

おいおい、この歳で結婚してない仕事系女子の
どこが幸せそうだよ?!って思うけど、(;´Д`)
でも、実際客観的に見れば、うむ、恵まれてると思う。

だけどさ、よく思うが、
私から見てすごい「恵まれてる」「超うらやましい!」な人も、
その人に聞けば、案外あれやこれや悩みもあって、苦しいこともある。

そんでもって、私も言わずもがな、
ある部分は恵まれてるけど、
足りない部分はいっぱいある。
ほしがろうと思えばきりがない。
不幸だと思いたければ思えるかも。(思ってないけど)

つまり。

幸福には、ある明確な尺度などない。
ここまで手に入れれば幸せ、ってのはなくて。
たとえば、結婚して子供が生まれれば幸せか?
いや、今度は、子供の受験がどーの、だんなの給料がどーの、と
それはそれで悩みは尽きないし、
もっとうらやましいご近所さんだの、カリスマ主婦だのが目に入る。

同じように、
彼氏がいても、悩みはつきないよね。
ほかの彼氏に比べて全然会えないとか、
やさしい言葉がないとか、
お金がなくて旅行に行けない、
などなどなど。

私たちは、自分の幸福に天井を見ないのです。
どこまでも、どこまでも、
もっともっとと幸せを求めてしまう。
今の状態に満足できない。
他人がうらやましい。
そして、

もしも彼がこうしてくれれば、
もっとこういう風になってくれれば、
もしもプロポーズしてくれたら、
結婚できれば、

あれやこれや、

相手に期待して、勝手に条件を設けて、
それがかなえられれば幸せになれるのに、とため息をつく。

でもね。

たとえ、その願いが一個ずつ叶ったとしても、
人間は、もっともっとと思うのを止められない。

付き合う前は、ちょっとしゃべるだけで幸せだった。
なのに、付き合ったあとは、そんなことも忘れて、
相手に要求するものばかりが目につく。

もっと会ってほしいのに。
もっと連絡してほしいのに。
もしも優しくしてくれたら、
話を聞いてくれたら、
私はもっと幸せになれるのに。

そして相手にどんどんそれを要求する。

もっと、もっと、私を愛してほしい。

私を好きなら、
私を幸せにしてほしい。

どうしてか、私たちは、
相手の好きだと言う気持ちを、確認できるかどうかで、
幸せかどうかを測ってしまう。
そして今持っているものの大切さを、忘れてしまう。
当たり前のものだと思ってしまう。

だけどね。
どこまで行っても、
不満が勝る人は、つねに不満から逃げられないよ。
今あるものに感謝できない人は、
今あるものさえ失ってしまうよ。

どこまで行っても、
幸せに天井はない。
ただむなしく、自分がずっと不幸であると思い続けるよ。
そこから抜け出すには、
今ここにある幸せを、そのまんま幸せだと思うことだと思う。

もちろん、状況的に、
自分が傷つくような、
苦しい、孤独な、相手の心を失っている状態で、
あえてそこにとどまれとは言わない。
無理するのは禁物だけどね。

そうではなくて、
もしも、他人から見て、過去の自分から見て、
「あなたは幸せよ!」って言われるようなものを持ってるなら、
それを存分に味わったほうがいい。

なぜか、自分の持ってるものに、不安を抱くのが癖になってる人がいる。
せっかく持っているものに対しても、
なぜだか、どこからか、不安の種、不満の種を見つけてきて、
ため息交じりにこう言う。

「でもね、もしも彼がこうだったら私はもっと幸せなのに」
「どうして私だけは、ほかの人と比べて満たされないの?」

たとえば、付き合いたてで、彼がやさしくしてくれて、
いちばん楽しい時期だったら、
もう余計なこと考えないで、
彼の愛情を胸一杯に受け止めて、
幸せ!!!!!ってみんなに言って回ったほうがいいとおもうの。

「なんだかまだ彼の気持ちが見えなくて」なんて、
意味不明な謙遜してないで。
不安の種や、不満の種を見つけようとしないで。

そして、何か困難にぶつかっても、
それもまた一つの幸福への試練だと思ってさ。
「それでも私には大好きな彼がいる」
「彼のために私はがんばれる」って。
愛情を確かにすればいい。

前も書いたと思うけど、

彼氏に不満で不安な人は。

彼氏が毎日電話してくれれば満足できますか。
彼氏がいつも「あいしてる」って言ってくれれば幸せなの?
結婚するって約束すれば、その苦しみから抜け出せる?

そんなの、ほんの一瞬です。
不満を持つ人、不安を抱く人には、
何がどうであっても、結果は同じ。
ひとつ叶えば、また次の不安を探してきますよ。

そして、どんな状況でも、
彼を信じて、幸せに暮らせる人は、
どんなことが起きても、ぶれなく、幸せでいられるの。

たとえば、忙しい彼を信じて待っていられる人は、
彼の電話の回数や、メールの内容なんかに惑わされず、
彼を愛していることで、幸せを感じられる。

そして、

そういう、自分の持ってる幸せを大事にできる人が、
彼を幸せにできるのだとおもうから。

今好きな人がいる幸せを感じましょうよ。
彼が自分に振り向いてくれた幸運をもう一度思い出しましょうよ。
出会えた奇跡を、
いっしょに苦難を乗り越える機会を与えられたことを。

人をそこまで好きになることができた、自分の力を。

全部、それを持ってない人から見たら、
まばゆいくらいに幸福なことかもしれませんよ。
失って初めて分かるんじゃ、
もったいないよ。

人を想う愛情も、
人に愛されるということも、
その出会いも、
すべてのめぐりあわせが、

それだけでもものすごい幸せなこと。

自分さえ目を開けば、
自分はもう、幸せに手が届いているのだと。
青い鳥は、
いつでももう家の中にいるもんだよ。
うまく行かないのはなぜ | comments(16) | -

傷ついたから分かること

 私は、今まで、とってもたくさんの間違いを繰り返してきました。
何度も言いますが、私は、全然恋の達人ではありません。(;´Д`)
いまだに、自分のこととなると、
あっという間に視界が狭くなって、
ドキドキして、
「恋愛部長助けて!」とか意味不明なことを言ってしまうくらいです。(馬鹿)

大事な人を傷つけました。
がっかりさせました。
一生をいっしょに、と思った人さえも、
不幸の淵に突き落としました。

とてもじゃないけど、
人に誇れるもんじゃありません。

こんな私が、
恋愛ブログなどやっていいのだろうか?と悩んだこともいっぱい。(苦笑)
正直、ブログを閉めようとおもったことも何度も!あります。

でも、みなさんが、「うまく行きました!」「幸せになりました!」と言ってくれることばに支えられて、
ここまで来れたんだなと思います。

今も、深い深い迷いの中にいます。
苦しいです。
自分が苦しめてしまった人を思うと、
涙が出そうなほどです。

恋とはなんと残酷なものだろうと思う。

私は彼を好きでいたのに、
深い愛情を感じていたのに、
それでも、彼を不幸にしてしまった。
それに関して申し開きもできない。
だれよりも幸せにしたいと、誓った人を。

今までは、
自分が振られて傷ついたときは、
こんな風に、苦しんだりしなかった。

失恋したよ!って騒いで、
「あんな男忘れて次行こう!」って勇ましく宣言して、
それでよかった。

でも、いまは違います。

彼が涙を浮かべて、
「何でも変えられるよ」と言ってくれた、
その手を、自分でふりほどいて、
私はわんわん泣いていました。

どうして、私は、
こんなに好きでいてくれる人の手を、
あんなに愛した人の手を、
ふりほどくんだろうか。

どこまで深い業が、私に、あるんだろうか。

私が幸せになる権利は、
この先、一体あるんだろうか。

こんなに誰かを傷つけた私が。

何度も何度も思い出します。
何度も何度も、
胸が張り裂けそうになります。

後悔しない、と決めたはずの、
心の奥が、痛むのです。
ずきずきと、いまも、
痛むのです。

恋愛で、傷つくのは、
別れを告げられる側だけではない。
別れを決断したほうも、
同じように、苦しいのだと。

はじめて思い知りました。

昔は、
ただもう振り払いたいような衝動で、
ひどい別れ方をしたこともあった。
あのときは、このようなもの思いを知りませんでした。
たぶん、もっと傲慢で、若かったんでしょうね。

歳をとるにつけ、
恋とは、もっと深く、そして、人間同士の想いのやり取りになります。
ただ情熱的に想いをぶつけるのでなしに、
徐々に近づき、思いやり、譲り合い、
相手を受け入れて、のみこんで、いっしょに歩いて行く決意を固めて行く。

そういう過程を経た恋は、
自分から引き離すときに、
思いもかけない苦しみを私たちに与えます。

私は、結婚も離婚もしたことはないけれど、
たぶん、離婚するととても疲弊するのは、
そういう、色恋の域を超えた、人間同士のやり取りがそこにあるからなのだと
おぼろげに思うのです。

私が選択した道を、
訝しく思う人はたくさんいます。
「38にもなって、何考えているんだ」
「あんなよくできた人と別れて何様だ」
そういう風に言う人もいるし、
まったくその通りだと思います。
私自身、自分の選択の非道さに、不条理さに、
自問自答して今も苦しんでいます。

ふと、さびしさを感じるときに、
今でも、彼のことを思います。
もうそばにはいない彼を思います。
自分が、ふりほどいた、腕のあたたかさを思います。

でも、人生とは、
すべてが、割り切れるものではなく、
すべての恋が、幸せに成就するわけではない。
だからこそ、好きな人を想い、想われ、
ともにいられることは、いかに奇跡であり、得難いものであるか。
そして、一生に一人と決める人が、
本当に自分の求めていた人であることは、
どんなに幸福なことなのだろうと、
思います。


私の選択を責められても仕方ないし、
とても自己中心的だと思うひともいるでしょう。
なんて馬鹿な人だと、柔軟性のない、頑固な女だと思うかもしれません。

でも、彼の人生を想って、
お互いの人生を想って、
私が別れを選択したことは事実で、
それは、みんなに分かってもらえなくても、どうでもいいことなのです。

そして、恋のやり取りのすべては、
最後は、結局、その当事者以外は、
真実を知らないものなのだと思います。

誰も、他人の恋を裁くことはできません。
裁きは、本人だけが受けるものです。
どんなに恋に傷ついたかは、
傷ついた本人しか分からない。
そして、
それを、正しいとも、間違っているとも言えないのだと思います。

そして。

私は思うのです。

何度も何度も、馬鹿の一つ覚えのように、
繰り返し、間違い、人を傷つけ、
自分を傷つける、この恋、というおそろしい魔物を、
私は、それでもやめられない、ということ。

人を想い、強く慕わしく思い、苦しみ、欲しがり、
信じられないほどの幸福を感じ、
自分が生きてきた意味を知り、
そして、誰かを理解するということの、
誰かと生きて行くということの難しさを知る、

そのすべてが、
私をより強くして、
他人に対する深い愛情に変えてくれるのだと。

昔、私は、
本当に何も知らない、傲慢な子供でした。
友達が恋に傷ついても、
あっさりと、「そんな男わすれればいいのに」と平気で言っていました。
いまでは考えられないでしょ。(;´Д`)

でも、本当に、そのころの私は、恋愛未経験者でした。

でも自分自身が、
とてもひどい恋に我を忘れ、
死んでしまいたいと思うほど傷ついたときに、
まるで封印されたドアが開いたように、
今まで聞いてきた友達の恋の話が、心の中にすっと入ってきたのです。
「あぁ、こういうことだったんだ!」と目が覚めた思いでした。

それからは、
誰よりも熱心に、傷ついた友達の話を聞き、
その人といっしょに悩み、
ときにはいっしょに泣いたり怒ったりしながら、
恋の荒波に立ち向かってきました。
それでも、私には理解できないくらい、
びっくりするほどつらい思いをする人はいます。
そんな恋はあります。

そして、それは、
その人にしか分からない、恋の迷路なんだと思います。

もちろん、

苦しい想いをしないで済む恋もありますよ。
傷つくことも傷つけることも知らずに済む人が。

でも、私は、
傷ついたからこそ分かる気持ちがあるんだと思います。
どんな立場の人も、
一般に、「あいつは彼女を振ったひどいやつだ」と言われる男性でも、
その人にしか分からない苦しみはある。
誰だって、等しく傷つくのです。
恋は、すべてを与え、すべてを奪う。

だからこそ、
その恐ろしさは、
たとえようもない幸福と、裏表なのだと思います。

苦しんでも、苦しんでも、

その間、信じられない幸福を味わったから。
私は、誰をも恨まない。
運命をのろわない。
そして、自分を許してあげようと思う。

誰かを真剣に愛して、
その人のことを自分のことよりも先に考えて、
死んでもいいくらい愛した、その事実は、
自分だけが知っていること。

誰に、認めてもらわなくても。

恋は、
おそろしいものです。

ある日、
すべてを、
完全に、
変える。

もう二度と、
もとには戻らないくらい。

それでも、

恋をすることでしか、
私たちは、
手に入れられないものがある。

苦しみを、
乗り越えたときにしか、
見えない風景がある。

きっと、
子供を生み、家庭を守る、
そのために傷つかない強さを、
私たちは、恋することで学んでいるのだと。

誰かを無条件で愛することの素晴らしさを、
この先もずっと伝えて行くために、
愛がすべてを壊し、
すべてを許す、
その力を、

誰かに伝えていくために。

どんなに傷ついても、
どんなに誰かを傷つけても、
それでも、
恋をすることを、私は止められない。
人を、恋しいと思う気持ちは、消すことができない。

そのすべてのもの思いを、
私はとてもいとおしいものだと、
思うのです。
恋愛全般 | comments(26) | -

カリカリ人になってない?

 今日朝、満員電車の乗ってました。
最初、横に立った女性、
なんだかちょっと肩が触れるだけで、
ものすごい勢いで押し返してくるのね。
圧力をすごいかけてくるっていうか。いない?そう言う人。

なんかほんのひと駅だったけど、
その人と接していると、その人の「ちょっとこっちによっかからないでよねっ!」って
怒りオーラが体から伝わって来て、
すごーーーーーく、つかれちゃいました。(;´Д`)

そんで、電車を乗り換えたら今度は、
主婦のおばさま2人が慣れない満員電車で声をあげて話しているのが聞こえまして。

「あらあらこんなに混んでるのね私たちみたいな不慣れな人間が真ん中にいちゃ悪いわよ」
「みんなの邪魔にならないよう、もっとよけてましょう」

って。
それを聞きながら、なんだか笑ってしまって、
少し心が和みました。

同じ満員電車なのに、
おもしろいように反応が違うなぁ。
どうせなら私はあの「不慣れなおばちゃんたち」のようになりたいなぁって思いました。

恋をしているしていないにかかわらず、
女性と言うのは、周りを思いやれる存在であるべきだと
私は思うのです。

いや、そうありたい、のかな。

自分がイライラしているからって、
何か悲しいことがあるからって、
周りが見えなくなって、
「いまは周りに気なんか遣えない!」っていう人にはなりたくない。

本当にあるべき姿はさ、

いま彼氏がいようがいまいが。
結婚してようがしてまいが、
ぶっちゃけ失恋直後だろうが、

変わりなく、
周りに愛情を持って接することができる
人間力、だと思うのです。

自分が幸せなとき、
彼氏とうまく行ってるときだけは周りにやさしくできたとしても、
自分がちょっとうまくいかなくなると
とたんイライラして取り乱して、
周りが見えなくなってしまうのでは、
結局恋自体もうまくいかなくなると思うのです。

うまく行ってるときに、幸せ、やさしくなれるのは、
当たり前っちゃ当たり前。

不安になってるときや、うまく行ってないときこそ、
本当は女の度量が試される。
別れ際に女っぷりが出る!!!と私はよく言うんだけど。

うまくいかなくなった途端に泣いてわめいて
じぶんを失って、周りに気を使えなくなるのでは、
いい女とは言えないのではないでしょうか。
最後は、すっぱりと、相手に感謝して、
「ありがとう。幸せに」と涙ながらに微笑める女、とかは
ぐっと女偏差値が高い気がするのです。

どんな状況でも、
いつでも変わることなく、

自分が幸せで、
他人に幸せを分けてあげることができているかどうか。

そういう女性であれば、
もしも彼氏がなにかの理由でちょっと離れていても、
きっとまた戻ってきたい、と思うと思うのです。

誰かに幸せにしてもらうんじゃなくて、
自分で幸せになるしか、
幸せになる方法はない。

「いまは、自分はほかのひとに比べて不幸せだから、
何をしてもいいんだ!しょうがないんだ!」なんて
思う人ほど、
なかなか幸せになることができない。

昔、うちの母親がよく言いました。

「普段家族にしていることは、いざとなると他人にも出ちゃうものよ」

つまり、一番身近な人を思いやれない人は、
恋人や夫になる大事な人も思いやれないよ。

いま私は、毎日「何か一品手作り料理」という決まり事にして、
「料理を普通のものにする。」ということをやってるんですが。(笑

それとともに、
「周りの人に、やさしく、丁寧に愛情を持って接する」というのも気をつけています。

別に狙ってる人だけでなく、
後輩でも、社外の人でも、オッサンでも、友達でも、
大事にできて、愛情を持って接するようにしていると、
その愛情がふくらんで、また好きな人ができたときに、
自然に接することができるように思うのね。

たとえば、普段は周りの人に冷たくて、
自分勝手な人が、
好きな人ができたからってその人だけにべたべたと優しくサービスすると、
それはわざとらしく、とってつけたように見えてしまいます。
実際、すごくぎくしゃくして、不自然に見えるでしょう。
そうなると、好かれた男性も、
不自然な行為になんだか引いてしまうと思うのです。

そうではなくて、

普段から、まるで好きな人に対するように、
丁寧に、笑顔満面で、やさしい対応をできたら、
どんな人にも同じように、接することができる。
つまり、愛情を習慣化するってこと。

そういうほうが何かあったときも断然強いと思うのです。

彼が大事にしてくれてる間は、
かわいくいられました。やさしくしました。いい彼女でした。
なんていくら言っても無駄ですよ。
うまく行ってるときやさしいのは女の子ならだれでもそうだもん。

むしろ、逆境の時にこそ、
女の子の本質が試される。

本当にその子が、やさしく思いやりのある女の子なのか。


恋愛はうまく行ってないとき誰しも取り乱します。
でも、その取り乱した姿に、男性はあっという間に幻滅します。
最近おぼろげに私が見えて来た私の到達点ですが、

どんなときでも、
彼氏がいなくても、
つらい状況に追い込まれてても、
試練のときでも、

微笑んで、いつもと変わらずやさしい態度で、
状況に立ち向かうことが出来る、
しなやかで、つよい、女性。

思いやりを忘れずに、
周りに感謝できる女性。

そういう、人間を目指したい、と。
そうあるべきだと。

それが男性の理想の女性なんじゃないかなって。


どんなときでも、女性の素晴らしさは、
愛情を周りに与えることができるところだと思います。
関係を潤滑にし、
男性だけのぎすぎすカリカリした場所をやわらげることができることだと思います。

いっしょになってカリカリしてちゃだめで。
ちょっとふっと空気を抜いて、
幸せをふりまけるような、そんな存在であるべきだと。

昔、私が失恋したてでカリカリ人だったとき、
状況を悲観したことがあったのね。
「男はしょせん、働く女は好きじゃない」って。(;´Д`)

そのときもらった言葉です。

「でもね、家に男は2人もいらないのよ」

って。

目からバサッとうろこが落ちて。
自分が言った言葉をものすごく恥ずかしいと思った。
私は何も分かってなかったんだって。

そうだ。なんで男と女がこの世にいるのか。
同じことをするためにいるのなら、
男と女でいっしょになる理由はない。

いっしょにいて、別の何かをもらえるから、
それがほしくて男女はいっしょにいるんだって。

男は何が何でも女を守り、与えてくれようとするから、
女はやさしく、包み込むように愛することができる。

そのバランス。

職場ではライバルでも、
恋愛では別の役割。

いや

私は最近になって、
男性と同じように話すことが仕事がデキることではない!
と強く信じらるようになりました。
はきはきしゃべるのはいいけど、
どこかに女性らしい気遣いを。
微笑みを足して、きつくなり過ぎないように工夫すること。
女らしさは、決して、「できない」ことの代名詞ではないよねって。

つまり、我々は、
もっとやわらかな、女性らしい、素敵な部分を、
仕事でも恋愛でも利用していくべきだ!と思う。

話はそれたけど、(;´Д`)

とにかく、余裕がない、自分が見えなくなってるときほど、
ひと呼吸おいて、自分を客観的に見て、
「こういう状況でも周囲にやさしくできる、気を配れる女こそ、
最後に幸せになれる女なんだ!」って考えてみてください。

自分の行動や言動を修正したくなると思いますよ。

まずは、興奮した気持ちを自分で客観的に見て、
落ちつかせて。
頭にくる上司でさえ、彼氏のようにやさしく対応できたなら、

きっと世界は、
見えているものはがらっと変わりますよ。

本当に。

だっていま私は、なにがあっても、
とっても幸せですもの。
うまく行かないのはなぜ | comments(25) | -

彼氏がうつ病に・・・

 いつも部室で私の代わりにコメントをくださってるクローバーさんからのリクエストなので、
なんとしてでも書かなくては!ということで。
(;´Д`)

私はまったく専門ではないし、
うまく書けるか分からないのですが。
(たぶん私よりもっとよく分かってる方がいっぱいいるはずですが)

うつ病は、いまものすごい数に上るようですね。
うちの会社でも普通にいっぱい、
うつ病と診断され、薬を処方されている人がいます。
何を隠そう私のとても近い友達も、昔はうつ病に苦しんでいました。
仲よしの先輩がうつ病で入院したり、
はたまた別の男性が目の前でぽろぽろと泣きだしたり、
ひどいときは、ある日突然自ら命を断ってしまったこともありました。

うつ病は、その本人だけではなく、
その人を愛する、支える人をも、どん底に引きずりこんでしまうことがあります。
うつ病で離婚した人。
旦那様のうつ病で苦しんで、自らもうつ一歩手前になってしまった人。
そして、自殺を食い止められずに今でも苦しんでいる人たち。

うつ病は、とても深刻な病気ですが、
かといって、
軽度な場合、あまりに周りが過剰反応したばっかりに、
社会的立場を失い、生きがいを失い、それが余計うつの悪化になってしまうこともあると思います。

たとえば、

うつだから、と周り中が気を使い、
仕事を軽くし、というか仕事をすべてなくし、
「ただ好きなことやってていいよ」といわれたうつ病の人は、
かえってそれが、「自分は必要とされていない」というむなしさを生んでしまい、
最悪の結果を招いてしまいました。

社会的な問題でうつ病になっているのに、
同じその社会によって、より修復がきかないほど傷ついてしまう、
そういう可能性もあるのです。

でも私もそうですが、
うつ病の人の気持ちは、とても特殊です。
我々の常識とは違った部分も多いようです。

たとえば、私も昔は、何も知らず、うつ病の友人に、
「がんばれ」とか、「すぐよくなるよ」と言ってしまっていました。_| ̄|○
でも、それはうつ病の人にとってはNGワード。

むしろ彼らを、追いつめ、焦らせる言葉だったのです。

本当は、
「今はちょっと心が風邪ひいてるんだね。」「大丈夫だよ」「そのままでもいいんだから」
と言うのがいいらしいです。

要するに、彼らを追い詰めないように、
そのままの姿で肯定し、
そしてなおかつ彼らを孤立させないこと。

それが大事なのだと思うのです。

それでも、うつ病の人を実際目の当たりにすると、
どんな人でもショックを受けると思います。
あまりに、自分の知っているその人とは違うからです。

その悲しみに、そのショックに、
落ち込んでしまい、
引きずり込まれてしまうひとがいます。
もしくは、うつ病のひとの、「お前のせいだ」というような言葉に影響され、
自分を責めるようになってしまうこともあるようです。

私から言えるのは、

それを一番避けてほしい、と言うことです。

恋愛に関して私が昔からよく言うことがあります。
それは、

「人間ひとりの心を変えることは、誰にもできない。本人以外には」

そして、同じように、男性が救われるためには、
我々は何一つできないのです。
彼が自分で、這い上がるほかは。
それを見守ることしか、我々にはできない。
そして、
彼がもしも自力で這い上がれないのであれば、

それを自分のせいだと思ってはダメです。
なぜなら、
男は、もともと自分の力でしか救われないから。
自分の力でしか立ち上がれないから。

それは、
あなたの、せいではない。

昔、私も、生涯の夢を失い、退路を断たれて落ち込んだ彼を慰めようと、
あれやこれや前向きな言葉を言っては、
彼に拒絶されたことがありました。
そのときの無力感たらなかった。

でも今なら分かるんです。

彼女の助言ごときで、
変わるような男はいない。
男は、自分の力で這い出してこそ、救われるんだと。

女に助けてもらわないとだめだなんて男はいないんだって。

だったら我々はどうすればいいのか。

簡単です。

信じて、心を確かに、待つことです。

彼が自力で這い上がることを、信じるんです。
彼は負けない。
彼はきっと立ち上がる、そう信じることです。

彼は、子供ではありません。
彼は、病人でもけが人でもありません。

だから、過度に過保護になって、あれやこれや世話を焼くことはないのです。
それはへたすれば彼を追い詰めることになるでしょう。
彼のプライドを傷つけたり、
彼が彼自身にいら立つ原因にもなるでしょう。

大事なのは、彼を信じて、彼を見守ることではないかと思うのです。

そこで大事なのは、
彼と一緒に落ちないこと。
彼と一緒に自分までうつっぽくなったり、笑わなくなったりする女性は多いと思います。
彼にびくびくしたり、腫れものに触るようにすることもあるでしょう。

でも、そういう態度が余計、彼を深みに誘ってしまうかもしれません。

うつ病の彼氏を持ってる方に言いたいのは、

どうか自分と彼氏を別の人間として切り離して考えてください、ということです。

彼がうつ病なのは、あなたのせいではありません。
そして、彼がうつ病から抜け出せないのも、あなたのせいではない。
そして、
逆に、

あなたが不幸なのは、彼がうつ病だからではない。

あなたは心のどこかで、
「彼氏がうつ病になってしまった私は不幸だ」と思ってませんか?
もしちらりとでもそう思っているなら、彼とはお別れしたほうがいいと思います。
なぜなら、

彼にはそんな他人の不幸まで背負う余裕はないからです。

彼は、今自分と戦うことで精いっぱいです。
彼は、もともとの彼とは別人です。
あなたにやさしくしてくれた、
あなたを愛していた彼ではありません。

そんな彼に、
いま自分のことを考えてほしいと思うのは、
酷なこと。
だったら、いっそ離れたほうがいいと思うのです。

男性は、時に、好きな人に、
弱った自分を見せたくないという衝動に駆られます。
長くつきあって信頼関係があれば、
素の自分をみせるでしょうが、
若い時分は無理だと思います。

好きならば好きなほど、
弱った自分は見せたくない、
それが男子です。

だとすれば、
うつ病と戦い、
ふがいない自分にいらだったりするかもしれない彼は、
彼女とは逢いたくないはずです。

女性はつねに、大いなる母性愛で彼氏を包もうとします。
彼の世話を焼くことで
自分の愛情の証を得ようとします。

だけどね。

ときにその愛情は、
彼を追い詰め、彼を苦しめることにもなりかねない。

たとえばうつ病の場合。

自分で手いっぱいな状況で、
何もやる気が起こらない、何を見てもネガになってしまう状態で、
彼女にまで手は回りません。

うつ病は、一般に、潔癖症で責任感が強く、完ぺき主義の人がなりやすいと言います。
だとすれば、余計、
彼女のかなしげな顔をみるたびに彼は自分をせめてしまうかもしれないです。

ではどうすればいいのか。

正直、うつ病は、治るかどうか、
それがいつくるかどうかは、ケースバイケース。
仕事を変えたことで治った人もいるし、
自力で克服した人もいます。
離婚することで克服した人もいます。

そればっかりは分かりません。

でも、彼を支えようと思うなら、
まずは自分が彼のうつに引き込まれないこと。
彼のうつと自分は関係ない、と思うこと。
きっちり線を引いて、自分だけは気丈でいることです。
難しいとは思いますが、
自分だけは、絶対的な幸福感の中にいてください。
彼がいつでも、戻って来たくなるような。
自分だけで完結している幸福感です。

彼を頼らないでください。
彼の不幸に呼びこまれ、
彼の不幸を補完することに自分の存在意義を見出さないでください。

それは、大変迷惑な、
依存心です。

そうではなく、
自分は自分だけで、幸福でいること。
うつに引き込まれない、ぶれのない、
しっかりとした自分であること。
それこそが、
彼を見守る絶対条件だと思います。

その自信がないのなら、
彼からは離れたほうがいいのではないでしょうか。
彼を見て、あれやこれや不安になって、
周りをうろうろし、悲しんだり重苦しい顔を見せるくらいなら、
いっそそばにいないほうがいいと思う。

なぜなら、
彼は、そんなあなたを見て、
余計責任を感じ、追いつめられてしまうから。


私が昔言われたことですが、
「もしもうつ病の人がいて、自殺の恐れがありそうなら、
その人にはこう言いなさい。
『もしも死のうと思ったら、死ぬ前に私に電話して。』」
なぜなら。
うつ病になる人は責任感が強いので、
約束したことは守らずにはいられないそうです。
だから、死ぬ前に本当に電話をかけなくては!と思ってかけてくるそうです。
そして、その電話を取れれば、その気持ちを変えさせられる可能性ができる、ということです。

とはいえ、

うつ病の人の目に見える世界は、
私にも分かりません。

どんな地獄が見えているのか、分かりません。

私の目の前で、友達が、
薬を減らすために、苦しんでいる姿や、
抗うつ剤の作用で企画ができなくなって、苦しんでいる人、
まったく別人のうようになってしまった先輩もたくさん見て来ました。

でも、

どんな風に彼らが感じ、
どんな風に苦しんでいるのか、
分からないのです。

でもだからと言って、
分かりたい、分け合わなければならないとは、思いません。

彼らがそのままでも、戻ってきても、
変わらずに、友達でいること、
そのままで受け入れること、
それだけが私の出来ること。

彼、彼女の苦しみは、
彼らのものであって、
私にはわからない。

だからこそ、
戦っている彼らを見守り、
その勇気を心の中で応援しよう、と思います。

変わらないでいること。
自分だけは、変わらずに。

それが正しい方法かは、
私は専門家でないので、分かりません。
もっと身近な人が苦しんで、もっともっと思うところのある人もいるかもしれません。

ただ、

一つ言えることは、
うつであろうとなかろうと。

誰かを自分の力で救おうとは思わないこと。

そんな力は誰にもないんです。

買いかぶってはだめです。

自分を救うのは自分しかいません。
それに気づくのも、自分自身。

冷たいように聞こえるかもしれないけど、
それが真実だと思うのです。

だからこそ、
まずは自分が幸せであることです。
彼がうつ病であろうがなかろうが、
影響されずに幸せでいることです。

そのうえで、彼を愛してあげてください。
彼を、無償の愛で、見守ってあげてください。
何もせず、ただ同じように愛している、信じていればいいのです。
何かを今すぐ変えようと、改善しようとするのは、他人のエゴです。
あなたの都合です。

悪化するかしないかを握っているのは本人です。
何をアドバイスしようと、
職場に電話しようと、
変わることなどありません。
彼とは別の人間。
あなたではない。

思いあがってはいけません。

変えられるのは本人だけ。
そこから這い出すのも、本人だけ。


もしも自分の手に余るなら、
まずはそこから離れて、
自分を立て直すこと。
それは決して卑怯でもなんでもないと思います。

そして、分からなくなったら、
まずは専門家の意見に頼ることをおススメします。

決して、
いっしょに落ちて行かないように。
そんなこと、彼は望んでいませんよ。
こんな男に出会ったら | comments(38) | -